賢い立ち振る舞い

自分を信用することで どんな良いことがあるか

困ったときほど誰も助けてくれません。 嫌なこと逃げ出したくなるようなことが起きたときに、頼れる人がいたらどんなにうれしいだろうか。 それならば自分に助けてもらうしかありません。 自分を信用して、「きっとできる」と思うのです。 自分を信用するということは、信用されることにもなります。 「人に頼ることが出来る」メリットと「人に頼られることで得られるものがある」 という2つのメリットがあります。
勉強

中学生で身につけるもう一つの方程式

なぜその解き方が出来るのかを自分で考えることしてください。 なぜその結果になったかを想像してください。 答えにのっていなかったとしても、「きっとこうなんだ」と 察することはどんな分野にも通じる能力となります。 だれでもできることではありません
独自のこだわり

なぜ人によって価値観が違うのか? 豊かな人生を送るには

人間も同じで 知ったとたん 扱いが変わる 価値がわかると扱いが変わります。 いなくなったら困るというのを知らないで、奥さんや家族を乱暴に扱ってしまうのは間違いです。 ほんの少しでいいから想像してください。 もし一人になったらどうなるか。 家族がいる有難さがわかります。 だから大切にしないといけません
勉強

なぜ数学を勉強する必要があるのか

数学が嫌いな人は多いです。 「将来役に立たないから」 といって勉強をしない理由にしています。 でも役に立ちます。 どんなことに役に立つのかをまとめてみました
道徳的考え方

なぜ自分のことばかり考えると不幸になるにのか

悩んで解決もしなくて周りに人がいなくなったので、八つ当たりもできなくなります。 そうなったら今度は自分を憎んでしまいます。 「あのときなぜ」 自分を責め続けます。 過去の失敗までさかのぼり嘆いてしまうのです。
勉強

国語の勉強方法 具体的な読み取り能力のつけ方

日本人だから国語はできるはずです。 しかし個人によって国語力はバラバラです。 テストではそこそこできるがどうしてもいい点を取れないのは理由があります。 読み取れていないということです。 つまり内容が理解できていないのです。 本を読むにしても新聞を読むにしても、人の話を聞くにしても、内容が理解できていないと置いていかれてしいます。
道徳的考え方

嫌なところが目につくと言ってちょっかいを出す人

自分より下だというのを示したがるのであら探しばかりしています。 嫌なところに目がつくのでなく嫌なとこを見つけたい 人のあら探しをして何になるというわけでありません。 その人より、自分が上だと感じたいだけなのです。 一度味をしめたものだから何度もやっているのです
悩みを解決

嫌な人は相手にしないのが一番いい

傘をささないと雨でぬれて風邪をひいてしまいます。 嫌な人との間に壁を作れば、気分が悪くならずに済みます。 ストレスで病気にならずにすみます。 もし何か話しかけられても受け止めなければ問題ありません。 効いているふりだけをして、心に入れることを防いでしまえばばっちりです
道徳的考え方

人の嫌いな場所を探して自分を落ち着かせたり慰めている

同じように嫌いな人探知機というのを持ち歩いている人がいます。 しかも何種類も持っているので、頻繁に反応してしまいます。 その大きな音がストレスになり病んでしまっているのです。 そんなものを持ち歩くのはやめてしまえば楽になりますが、自分を守るためだと勘違いしています
賢い立ち振る舞い

弱いから逃げる

女らしいとか男らしいとかは時代が変われば考え方も変わります。 地域や、人それぞれ考え方は異なります。 だから何をしようとも、 人間らしければいいと思います。