勉強

潜在能力の引き出し方 潜在能力の伸ばし方

潜在能力を自ら出していくには、毎日すべてを出し切ることが必要です。 持っている力のすべてを出すと欠点が見つかります。 それによって、どうすればいいかを真剣に考えられます。 すべてを出すと今現在の手持ちがなくなるので、潜っていたものが浮き出てきます。 それが潜在能力です。
賢い立ち振る舞い

言い訳をする人の特徴 なぜ私は言い訳を言うのだろう

だって自分が悪いと思いたくない 責任を負うことは辛いです。 自分が悪いと思うと辛くなってしまいます。 その慰めのために言い訳をします。
悩みを解決

自信がない人が自信を持てるようになる方法

自信がないと顔がこわばります。 誰が見ても不安そうな顔になってしまいまう。 不安な顔が血液の流れを悪くさせて身体を硬直させてしまいます。 自信がある人は笑顔でいられます。 だからいつも笑顔を作ってください。 不思議とゆとりがでてきます。 不敵な笑みも必要です。
悩みを解決

過去に明かりを照らすと未来が見えなくなる

「あの頃はよかったな。毎日が楽しくて。」 若いころの良かった時期ばかり考えていると今と自分を苦しめることにつながってしまいます。 「あの時の自分と比べて今の自分は何をやっているのだろう」 良かったのすぐ後に落ち込むことが待っています
心のファッション

忘れたい過去の出来事や思い出を忘れる方法

忘れられない嫌な過去の思い出があります。 何かあるたびに思い出してしまって、また胸が苦しく嫌な気持ちになります。 忘れられたらどんなに楽になるだろうか。 楽しいことは忘れてしまえるのに、嫌なことは残ってしまっています。 なんで忘れられないのか。 忘れる方法はあるのか。
賢い立ち振る舞い

プライドを捨てた方がいいときとプライドを持った方がいいとき

プライドを持って行動しなさいと教えられたり、プライドを捨てて行動したほうがいいと言われたりします。 人されぞれの考えがあると思います。 結論としてはプライドを持つのも捨てるのも両方とも必要だと思います。 ではどんな時にプライドを捨てて、どんな時にプライドを持った方がいいのか
賢い立ち振る舞い

自分を信用することで どんな良いことがあるか

困ったときほど誰も助けてくれません。 嫌なこと逃げ出したくなるようなことが起きたときに、頼れる人がいたらどんなにうれしいだろうか。 それならば自分に助けてもらうしかありません。 自分を信用して、「きっとできる」と思うのです。 自分を信用するということは、信用されることにもなります。 「人に頼ることが出来る」メリットと「人に頼られることで得られるものがある」 という2つのメリットがあります。
勉強

中学生で身につけるもう一つの方程式

なぜその解き方が出来るのかを自分で考えることしてください。 なぜその結果になったかを想像してください。 答えにのっていなかったとしても、「きっとこうなんだ」と 察することはどんな分野にも通じる能力となります。 だれでもできることではありません
独自のこだわり

なぜ人によって価値観が違うのか? 豊かな人生を送るには

人間も同じで 知ったとたん 扱いが変わる 価値がわかると扱いが変わります。 いなくなったら困るというのを知らないで、奥さんや家族を乱暴に扱ってしまうのは間違いです。 ほんの少しでいいから想像してください。 もし一人になったらどうなるか。 家族がいる有難さがわかります。 だから大切にしないといけません
勉強

なぜ数学を勉強する必要があるのか

数学が嫌いな人は多いです。 「将来役に立たないから」 といって勉強をしない理由にしています。 でも役に立ちます。 どんなことに役に立つのかをまとめてみました