賢い立ち振る舞い

スムーズに事が進み、後に引きずらない

スポンサーリンク
賢い立ち振る舞い

人よりも優位に立ちたいという危険な考えの治し方

どっちが上でどっちが下だと、こだわる人は、 自分の方が下だと感じると嫌な気分になります。 そして相手を憎み、いつかけんか腰にストレス解消をしてきます。 そんな考えは自分を小さくするだけです。 今後の生活も窮屈なものになってしまいます
賢い立ち振る舞い

なぜNoといえないのか Noが言えるようになるには

明るく誘われたり、仕事を頼まれたら断りにくいです。 しかし今の雰囲気が悪くなるのは仕方のないことです。 その後の自分の気持ちがよくならない方が問題です。 気にする必要はあません。
賢い立ち振る舞い

環境の変化に弱い理由とその対策

マイナスの想像を膨らませてしまい大きなストレスを抱えて新しい環境に向かうと、その場に行っても自分を出せずに上手くいかないことが多いです。 取り戻そうとしても空回りをしてしまい、ますます不安になります。 その結果、今現在の不遇も受け入れてしまい大きなストレスから抜け出せなくなるのです
賢い立ち振る舞い

才能の伸ばし方 才能を磨き続けられる人の特徴

誰にでも何かの才能があります。 小さいころから野球をやってプロになった選手は、毎日才能を磨いてきたのです。 プロになるためにどんな時でも欠かさずに才能を磨いてきました。 このように毎日欠かさずに才能を磨くことは誰にでもできることではありません。
賢い立ち振る舞い

あおり運転をするのはこんな人 動画撮影はドライブレコーダーがおすすめ

ドライブレコーダーの大普及であおり運転が減少しているようです。 しかしまだまだ行われています。 なぜあおり運転は行われてしまうのか。 あおり運転をする人はどんな人なのかをまとめてみました。
賢い立ち振る舞い

言い訳をする人の特徴 なぜ私は言い訳を言うのだろう

だって自分が悪いと思いたくない 責任を負うことは辛いです。 自分が悪いと思うと辛くなってしまいます。 その慰めのために言い訳をします。
賢い立ち振る舞い

プライドを捨てた方がいいときとプライドを持った方がいいとき

プライドを持って行動しなさいと教えられたり、プライドを捨てて行動したほうがいいと言われたりします。 人されぞれの考えがあると思います。 結論としてはプライドを持つのも捨てるのも両方とも必要だと思います。 ではどんな時にプライドを捨てて、どんな時にプライドを持った方がいいのか
賢い立ち振る舞い

自分を信用することで どんな良いことがあるか

困ったときほど誰も助けてくれません。 嫌なこと逃げ出したくなるようなことが起きたときに、頼れる人がいたらどんなにうれしいだろうか。 それならば自分に助けてもらうしかありません。 自分を信用して、「きっとできる」と思うのです。 自分を信用するということは、信用されることにもなります。 「人に頼ることが出来る」メリットと「人に頼られることで得られるものがある」 という2つのメリットがあります。
賢い立ち振る舞い

弱いから逃げる

女らしいとか男らしいとかは時代が変われば考え方も変わります。 地域や、人それぞれ考え方は異なります。 だから何をしようとも、 人間らしければいいと思います。
賢い立ち振る舞い

関心を持ってほしい結果 自分を傷つけてしまっている

他の人は悪気はないのに 「どうせ私なんか」 周りの人は全く意識していないのに 「私だけいつも損をする」 と考えてしまう人がいます。 周りの人に責められたというわけでなく、勝手に傷ついてしまっているのです。 この原因は「もっと関心を持ってほしい」ということが考えられます
スポンサーリンク