道徳的考え方

論語や聖書のまろやかさ

道徳的考え方

信用のあげ方を信用できる人と信用できない人から学ぶ

人から信用されるということはウレシイものです。 やりがいを感じます。 今まで辛くてもがんばってきてよかったと感じます。 もっと頑張ろうとも思えます。 信用を上げるにはどうしたらよいのでしょうか。
道徳的考え方

うそをつく人の心理ときれいな心を持つ人の特徴

人はうそをついてしまいます。 ついうそをつく場合と、初めから相手をだますためにうそをつく場合があります。 今回は人をだますことが目的でうそをつく人の心理を考えたいと思います。
道徳的考え方

言い訳は中毒性があるので用法用量を確かめてお使いください

つい言い訳をしてしまいます。 そんなつもりはなくても、とっさに出てしまいます。 失敗すると使ってしまう言い訳のせいで、余計に失敗してしまうことはご存じですか?
道徳的考え方

八つ当たりする人の心理と八つ当たりしてしまう人の特徴

八つ当たりしてくる人は器が小さいです。 少しの我慢が出来ないからストレス解消に当たってきます。 「あの時お前はあ~だった」 と関係ないことを持ち出して文句を言ってきます。 面白くない状況に我慢が出来ないのです。 赤ちゃんが泣くとあやしてもらえますが、大きくなってもそうしてもらえないことに腹を立てます
道徳的考え方

なぜ自分のことばかり考えると不幸になるにのか

悩んで解決もしなくて周りに人がいなくなったので、八つ当たりもできなくなります。 そうなったら今度は自分を憎んでしまいます。 「あのときなぜ」 自分を責め続けます。 過去の失敗までさかのぼり嘆いてしまうのです。
道徳的考え方

嫌なところが目につくと言ってちょっかいを出す人

自分より下だというのを示したがるのであら探しばかりしています。 嫌なところに目がつくのでなく嫌なとこを見つけたい 人のあら探しをして何になるというわけでありません。 その人より、自分が上だと感じたいだけなのです。 一度味をしめたものだから何度もやっているのです
道徳的考え方

人の嫌いな場所を探して自分を落ち着かせたり慰めている

同じように嫌いな人探知機というのを持ち歩いている人がいます。 しかも何種類も持っているので、頻繁に反応してしまいます。 その大きな音がストレスになり病んでしまっているのです。 そんなものを持ち歩くのはやめてしまえば楽になりますが、自分を守るためだと勘違いしています
道徳的考え方

充実した人生かどうかは1日のうちに真剣な時間がどれだけあるか

みんなで生きるためにはルールが必要です。 人間でいるのにも基本的なルールがあります。 「人に迷惑をかけない」ということです。 これは交通ルールにも通じます
道徳的考え方

人を中傷する人の危険性

まずは人を上にあげることから始めてみてください。 人を上にあげるとは、心から応援することです。 それなら誰にでもできるはずです。 応援した人の成功する姿を見て、やり方を覚えて今度は自分が実践してみてください。 今までと違って楽しいです
道徳的考え方

世の中に受け入れてもらえる条件

人は人に受け入れてもらわなければいけません。 受け入れてもらえないと孤立してしまいます。 受け入れてもらうということは評価してもらうことです。 評価してもらえないと、自分でも何が良くて何が悪いのかわからなくなってしまいます。 そうすると悪い結果になるに違いありません