人間の状態変化で周りからもっと必要とされる人に変われる

水の状態変化 悩みを解決

学校や会社の人間関係で周りから必要とされていると感じると、うれしくてその仕事にやりがいを持てます。

必要とされていないということは薄々気づいてしまいます。

そう感じると悩んで、だんだん心が仕事から遠ざかってしまいます。

水の状態変化で役割を変えて改善法を教えてくれている

水の状態変化水はとても器用で周りの環境に合わせて状態を変えることが出来ます。

100℃を越えて水蒸気になったときの水の役割

水は100℃を越えると水蒸気になります。

体を温めてくれます。

蒸気機関で汽車を走らせることもできます。

雲を作って雨を降らせて食物を育てることもしています。水蒸気の役割

 

水が液体の時の周りからの必要性

冷たい水から熱いお湯まで、あらゆる生物ののどの渇きを潤してくれています。

汗となって体温の調整もしてくれます。

 

 

氷や雪の時の周囲の水に対する評価

水が冷えて氷になると、硬くなって海にふたをしています。

そこに動物たちが住んでもいます。

夏の暑さを氷が涼しくしてくれて、雪が景色をより美しくしてくれます。雪の役割

このように水は周りの温度に合わせて変化をしてくれます。

周りの環境が変わると状態を変えます。

思い切って環境を変えてみる

役に立っていないと感じてしまったのなら、思い切って周りの環境を変化させるのも一つの手段です。

もっとあなたを必要とする人がいるはずです。

本当に自分が役に立っているかわからなくなった

自分にだけ仕事が来なかったり、来ても簡単な雑務ばかりだと、やりがいを感じられなくなります。

以前はこんなことはなかったのだが、自分では何が問題かわからないときもあります。

早く帰れるのはいいが、徐々に会社に行きたくなくなるなど、気持ちが行動に出てしまいがちです。

いまさら自分を変えるのは嫌だというなら仕事を変えるなど気分転換も必要だと思います。

モチベーションがなくなってしまった

以前は「この仕事で世の中の役に立ちたい」という気持ちで頑張ってきたが、最近は何のために働いているのかわからなくなってしまいます。

休みの日も会社のために時間を使っていたのに最近はそれに苦痛を感じてしまって時間が来たらすぐ退社してしまうこともあると思います。

ある日突然気持ちが入らなくなるということがあります。

仕事の疲れも苦痛を感じながらだとなかなか抜けきらなくてすべてが辛く感じてきます。

あそび以外にも仕事の刺激が自分を支えていたということです。

 

職場に向いていない性格でも職場によって求められるように変わる

根暗な性格と言われ今の職場に向いていないとも言われたが、環境を変えることによって、向いている仕事に就くことが出来たという例がたくさんあります。

性格によって仕事の向き不向きがあるようです。

のんびり屋さんでするのが遅いといわれた方に向く仕事は

「作るのが遅い」「仕事の手際が悪い」

など言われた方はおっとりした性格ですべてにおいて丁寧に扱うことが向いていると思います。

レジ打ちや物つくりなどでは、せっかくの「おっとりした性格」という長所がマイナスに作用してしまいます。

ということは介護士や芸術の仕事が向いていると考えられます。

 

恥ずかしがり屋に向く仕事とは

恥ずかしがり屋という性格は人前で話をしたりする営業や宣伝の仕事では良いところを出すことが出来ません。

内気な性格というのは人の心の痛みを感じてあげられるので、動物病院や職人の仕事がおすすめです。

プログラマーや研究者としてじっくり仕事をする忍耐強いこともあっていると思います。

 

 

すぐにイライラするせっかちな人でも向いている仕事

せっかちな人は介護士や保育士などはストレスを強く感じてしまうので不向きな部分が多いです。

結果がすぐの欲しくなるので、営業や経営者が適した職業だと思います。

  

 

まとめ

役に立っていないと感じたら周りの環境を変化させるとあなたを必要とする人がみつかる
性格によって仕事の向き不向きがあるようです
物つくりでは、せっかくの「おっとりした性格」という長所がマイナスに作用してしまいます。
内気な性格ならプログラマーとして忍耐強いこともできる

誰でも長所は必ずあります。その長所を使ってないのであれば宝の持ち腐れになってしまいます。

環境を変えればいい人に巡り合えます。

働くなら働き甲斐を強く感じられるように自分を活かしたところで働きたいものです。

 

 

コメント