人に花を持たせるための花束の渡し方

花を持たせる 道徳的考え方

 

花を持たせる

すぐに自分の話をしたり、人の功績を横取りしたり、そんな人は日常によくいますよね。

いつも人に花を持たせてくれる人はその場では気づかないときもありますが、

「あの時に助けてくれた」といつまでも感謝を忘れないでいます。

人に花を持たせるとはどういうことでしょうか。

人に花を持たせるとはどんなことなのか

人のメンツやプライドを尊重する

宝石など貴重なものは光らせておかなければなりません。

壊すのはもってのほかです。

だから人の持っているやプライドを壊すことなく、敬意を払わなくてはなりません。

人に恥をかかせない

人を蹴落とすぐらいなら自分は上に行かなくてもいいという謙虚な姿勢のことです。

蹴落とされた方はいつまでも覚えていて後で仕返しをされてしまいます。

反対に、恥をかかせないで気を使っていると、

「あの時助けてくれたな」

と覚えてくれていつか恩返しをしたいと思ってくれます。

人に花を持たせないとはどんなことをすることなのか

人に花を持たせないと反感を買ってしまうこともあります。

ではどんなことをしてしまうと人から反感を買ってしまうのでしょうか。人から反感を買う

自分が目立とうとする

何かの審査員なのに演者よりも目立とうとする人がいます。

いつも自分が中心でないと気が済まないのでしょう。

周りから邪魔だと思われて、次から呼ばれなくなります。

人に恥をかかせてしまう

人のミスを大きく指摘して自分のほうが優位に立とうとしている人です。

そういった悪口を書いて金儲けをしている人たちもいます。

今のネット記事の大半がそうですね。

人に花を持たせるにはどうしたらよいのか

開くチューリップ

1950年ごろにパチンコで開くチューリップを開発した正村さんはその特許について、

「みんなで使えるように」

と言って特許を取らなかったそうです。

まさにみんなにチューリップの花を持たせてくれました。

 

 

 

手柄を誰かに譲ってあげる

花の持たせ方の一つは、手柄を誰かに譲ってあげることです。

名探偵コナンが事件解決の手柄を毛利小五郎さんに譲って花を持たせてあげています。

人間的に大きく、懐が深くないとできないことです。

その結果、みんなに愛されています。

 

人のメンツやプライドを尊重して花を持たせてあげる

上司に花を持たせる

例えば会社でミスを見つけたときにあなたがこっそりと直してあげたとします。

そして誰かがあとでそれを見つけて

「助かった、ありがとう」

と感謝したが、あなたは

「上司の指示だった」と言って上司の功績にしました。

上司は感謝されてメンツを保つこともできます。

 

社長のメンツを保つ

あなたの同級生が社長だったとして、

「会社に見学に来ないか」

と言われ見学しに行ったとします。

その社長が小学生だったころのあだ名の「ふんころがし」でした。

社員みんなの前で呼ぶのは恥をかかせてしまいます。

だから礼儀正しくお辞儀をして

「社長」と呼ぶことが正しいことでメンツを保つことができます。

人に恥をかかせない

みんなと集まっているときに、女性のことを「部屋が汚い」とか冗談でも行ってはいけません。

うそでも「きれいにしているもんね」

ということが必要です。

 

自分はみんなよりも一歩下がる

みんなが前に出てきてお話をすると何を言っているのかわからなくなるし、より大きい声を出さなくてはならなくなります。

そこで自分は欲しがりの渋滞を解消するために一歩下がろうとすると、その場がうまく進みます。

その結果、謙虚でいるとみんなに好かれます。

 

誰でもできる身近な人に花束を渡す方法

特別な職業や状況でないと人に花を持たせられないわけではありません。

どんな時に花を持たせることができるのでしょうか。

大切な人にサプライズをしてあげる

家族や友人にサプライズのお祝いをしてあげるのも大きな花束の渡し方になります。

自らは引き立て役となって相手を引き立てることこそが、人に花を持たせることと呼べるはずです。

相手の笑顔をみんなに見せることもできて、その場のみんなが楽しくなります。

サプライズなお祝い

いつも謙虚でいることが人のためになる

自ら誇ることなく、いつも謙虚でいることで自然と相手に花を持たせてあげることができます。

いつも相手をたてて尊重して、のびのび行動させることが相手を光らせることにつながります。

人の話を上手に聞いてあげる

話すのが苦手な人の話を上手に聞いてその人を引き立てる方法もあります。

自分から言いずらいことを誘導させて、言ってもらったら驚いてあげる。

辛くて頑張って何かを成し遂げた相手に

「きっと辛かったはずだよね」

など花束をパスして話しやすくして相手を輝かせることができます。

 

 

人に花を持たせる方法のまとめ

花束の渡し方は

引き立て役となって相手を引き立て人に花を持たせる
相手をたてて尊重して、のびのび行動させることが相手を光らせる
花束のパスで言いずらいことを誘導させ話しやすくして相手を輝かせる

 

など相手をいつも尊重することが大切です。

 

 

コメント