あなたの前進速度を1つのセリフがを大きくして仕事が順調に進む

前進速度を大きくしてくれる一つの言葉 独自のこだわり

なかなか勉強がはかどらなかったり、仕事が進まなかったりすることもあると思います。

人の邪魔が入ったり、休んでしまったりと。

しかしある言葉でその仕事や勉強を順調に加速させることができます。

前進速度を大きくしてくれる一つの言葉

 

仕事を進ませるには負担になる重い荷物を周りの人に持ってもらう

前に進むときに重い荷物をたくさん持っていると速度が遅くなってしまいます。

物体の速度を上げるには身を軽くする必要があります。

「頼りにしているよ」「信用しているよ」と声をかけて仕事を頼む

しなくてはいけない仕事を人に任せることができればほかのことに手が回り、それをかたずけて前進することができます。

しかし任せた仕事をしっかりこなしてくれないと、結局自分でしなくてはならなくなってしまいます。

「頼りにしているよ」と笑顔で声をかけることで、仕事を任された方は、いやいや仕事をするのではなく張りきって行動するようになります。

それは人から頼られると、認めてもらえたことになり、うれしくなるからです。

また「信用しているよ」と声をかけることでも、言われた方は今までやってきたことが報われたように思ってスッキリとした気持ちで仕事に打ち込むことができます。

よけいな摩擦がかからないようにプライドが邪魔をするのを妨げる

つまらない意地を張らないで間違いを認める

意地を張って間違いを認めないと、本来進むべき方向と違った道に進んでしまうこともあります。

そんな時に大切な言葉は「ごめんなさい」です。

素直に言ってしまえば本来の動きを取り戻せますし、言われた方は今度は後押しをしてくれることもあります。

せっかく手伝ってもらえるなら「ありがとう」をして受け入れる

人の親切を「自分でできるから」とムキになって拒んではお互い損をするだけです。

素直に「ありがとうございます」と受け入れて、まずは目の前の仕事と戦うことを優先したほうがいいです。

また変に拒んで敵を増やしてしまうと、「こんな時にあの人がいてくれたら」と後日、仕事の妨げになることもあります。

前進を妨げる摩擦を小さくするには

進む弊害になる摩擦を少なくするには、前述の身を軽くすること以外に普段からあまり仲良くない人にも礼儀をしっかりさせて、あいさつをすることが大切です。

それはのちに仲間になったときにすぐ打ち解けることもでき、敵を減らして摩擦を減少させるという効果もあります。

妥協することも必要

妥協するというと手を抜くというイメージが強いです。

しかし前進の妨げになることでも妥協すると損をしないという例を挙げてみます。

あおり運転をされたときは「まいっか」

人生で年下の人や後から来た人に抜かされ続けている人がいます。

そんな人は腹いせに関係ない人に八つ当たりをしてきます。

そのいい例があおり運転です。

相手にすると損をするだけです。

たとえば雷が来たら非難するのが一番です。

逃げるのが嫌だから「こっち来い!」と雷を相手にする人はいません。

あおられたら「まいっか」ぐらいに思って道を譲ってください。

変なことをしてくる人は、きっと今後罰が当たります。

 

あせっているときこそ「しょうがない」

駅などで道を急いで歩いているとき前にお年寄りがゆっくりしていると気になることもあります。

そんな時は冷静になって「しょうがない」

と思ってください。

気分転換にもつながり、なにか良い案をひらめくきっかけになるかもしれません。

しょうがないが解決につながる

進むのが辛くなった時に自分のおしりを叩く言葉をかける

これができるのは自分しかいないんだ

やめたくなるのは誰か人にやってもらおうとする行為です。

逃げたくなったそんな時は

「これができるのは私しかいない」

責任をすべて背負う覚悟で退路を塞いで、前に進むしかないと思わせることが効果的です。

それを乗り越えられると次から同じくらいの仕事は前より速くこなせるようになりますし、人に教えることもできるようになります。

おまえはここで終わる人ではない

こんなに頑張ってきたのだから、あなたはきっと忍耐強く努力家なはずです。

そのようなすごい方が立ち止まるわけにはいきません。

もっと成功して多くの人を導いていかねばなりません。だから

「あなたはここで終わる人ではない」

と声をかけてください。きっと

「そうだ、やるぞ。」

と返事をするはずです。

出口はもうすぐだから頑張れ

先が見えないと疲労と不安で前進するのがきつくなり、立ち止まってしまいたくなります。

進んでいる限り出口はあるので、せっかくここまでやってきたのを無駄にしないために

「出口はもうすぐだから頑張れ」

と声をかけてあげてください。

出口からもれてきている一筋の光をたどっていけばきっとゴールできるはずです。出口はもうすぐだから頑張れ

 

今日は誕生日の次に大切な日だ

きつい課題が終わったらきっとあなたに大きく影響を与える日になるはずです。

しかし、どうしてもやりたくないという日もあります。

そんな時は自分を奮い立たせる言葉が必要になります。

「自分の未来に向けて今日は誕生日の次に大切な日だ」

と言ってみてください。

こんなに辛いことが乗り越えられたのなら次に何か辛いことがあっても、今度はその時の経験があなたの背中を押してくれるはずです。

まとめ

あなたの前進速度を大きくするには

摩擦を減らすのに重い荷物をもってもらって身を軽くする「頼りにしているよ」
素直に間違いを認めて背中を押してもらう「ごめんなさい」
つまらないことに時間を割かないように「まいっか」
あなたのおしりを叩く言葉の「お前はここで終わる人ではない」
人間は簡単に立ち止まったりすることもありますが、たった一つの言葉で奮い立つこともあります。
うまくいったら今度は周りの人に声をかけてみてください。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント