あきらめ癖を治す 途中でやめない方法

心のファッション

何をするにも中途半端と感じて反省したことはありませんか。

その日は反省してもまた次の機会でも同じことをしがちです。

どうして続かないのか。

性格に問題があるのか疑問がある人は最後まで読んでください。

習慣になるまで続けるには

 

✅成功している姿を想像する

やる前から想像して下さい。

順調にいき幸せを味わっている自分の姿を。

今までのつらい人生が報われたと喜ぶ姿を考えてくだい。

今のストレスだらけの毎日から抜け出して、楽しそうに過ごしている自分の顔を見てください。

その楽しさを今度は今の自分が味わう番です。

✅上手くいくには何が必要か考える

何もしないでうまくいくはずがありません。

踊れるようになるには基本が必要です。

仕事が軌道に乗るには下準備も必要です。

合格するには勉強が必要です。

やるべきことが見つかったら、後は実行するだけです。

✅どこがいけなかったのか考える

想像して必要なことをしても、大体うまくいきません。

想像していたものと異なってしまいます。

ここが一番のあきらめ㌽となります。

「思っていたのと違う」

それを理由にやめてしまうと何も変わりません。

今後の人生も今まで通りになってしまいます。

 

✅どこがいけないか考えて解決する

本を読んだり自分で考えて、今後どうするか練り直さなくてはなりません。

できないならできている人に聞くと早く解決できます。

上手くいった人を参考にするのが賢い方法です。

よけいなプライドを持たないのがコツです。

人に教えてもらうには完全服従できるかが成功のカギです。

オリジナルは軌道に乗ってからでも作れます。

まずは今の状況を抜け出すことが先決です。

✅信じる

上手くいかなくても信じることが肝心です。

必ず誰かが見てくれていると信じることも大切です。

自分を信じることも大切です。

 

自分の良いところを伸ばして自分を信じる。

信じることでやめずに済みます。

✅何とか結果が出たが目標とはかけ離れている

ここでもやめ㌽が発生します。

結果が出たことで、

「手ごたえを感じられる」か「ばかばかしいと思う」かで継続が決まります。

やめてしまうと今までのすべてが無駄になるといっていいです。

続けると上昇することが期待できます。

少しの進歩でも、先に進める足の運び方を覚えたと思ってください。

今後はその歩幅が大きくなっていきます。

 

すべてを自分に厳しくするのではなく、自分を励まして下さい。

成果が出ればあとはその繰り返しです。

せっかく出た成果を大切にすることが途中でやめないコツであり、成功の秘訣です。

 

 

コメント