問題ごとを減らすにはそうじに学ぶ

賢い立ち振る舞い

悩むような問題ごとは毎日のように出てきます。

家でのこと学校でのことや会社の人間関係など、解決したと思ってもすぐにまた問題が起きてしまいます。

これはそうじに似ています。

毎日何度も掃除をしてもまたほこりや汚れが生じます。

しかし苦にならずに毎日できます。

成果が目に見えるので楽しいと感じる人もいます。

問題解決をそうじから学んでみましょう。

そうじは毎日する必要がある

✅家の中でゴミを眺めてもなくならない

家の中でゴミを見つけて、そのゴミを蹴ったとしてなくなりません。

ゴミを見つけて、それを避けたとしてもなくなりません。

当たり前ですが重要な考えです。

✅ゴミを見つけたら掃除をすればなくなる

ゴミを見つけたら、多くの人は掃除をします。

そしてゴミをなくすことが出来ます。

そうじをするのがきついなら、良い掃除道具をそろえる必要があります。

簡単に効率よくきれいにできて、しかも軽くて持ち運びしやすい掃除機などが売っています。

さらにゴミを出さないようにすればゴミを見かけることが少なくなります。

これも重要な考えです。

何か問題が起きたらどのように解決するか

✅問題から逃げていてもなくならない

問題が起きて、面倒とかしたくないという理由で逃げていても問題はなくなりません。

今はやりたくないと後回しにしておくと、問題が最初よりも大ききなってしまって解決が困難になります。

ゴミは避けていてもなくなりません。

手をつけなくてもなくなる問題もありますが、多くはそのまま残ってしまいます。

どうすべきか考えてから、残した方がいいか判断してください。

✅しっかり向き合って解決に努める

問題が起きたときにとる、もっともよい方法です。

どこから片づけたらよいか考えて、効率よく解決したいです。

もし解決できないなら、対応できるまで自分を鍛える必要があります。

これは掃除機をもっと使いやすいものに買い直すようなものです。

✅問題ごとを作らないようにする

ゴミを出さないことがきれいに保つ秘けつであるように、問題を起こさないようにすることが平和でいられる秘けつです。

人間関係ならコミュニケーションをしっかりと取って相手の立場になって考えることです。

会えなくなっても定期的にあいさつすることで大きな問題に発展しないで済むことがあります。

失敗しても心から謝罪することで問題回避できることもあります。

問題は出さないように、早めに解決すれば発生したとしてもたまることはありません。

 

 

 

コメント