環境の変化に弱い理由とその対策

賢い立ち振る舞い

環境の変化を嫌う理由

✅嫌なことを先に想像してしまいストレスを感じるから

新しい学校や職場などに向かうときに嫌なことから頭に思い浮かべてしまうことが原因です。

「失敗したらどうしよう」

「怖い人がいたら…」

「溶け込めなくて孤立するのではないか不安だ」

マイナスの想像を膨らませてしまい大きなストレスを抱えて新しい環境に向かうと、その場に行っても自分を出せずに上手くいかないことが多いです。

取り戻そうとしても空回りをしてしまい、ますます不安になります。

その結果、今現在の不遇も受け入れてしまい大きなストレスから抜け出せなくなるのです。

 

✅環境の変化がダメな自分をむき出しにしてしまうのでは

新しい仕事では当然慣れていないことをします。

新人のときのように1から教えてもらって覚えなおしをします。

挑戦することに慣れていない人はコツをつかむのが遅くなり、なかなかできない自分をみんなに見せることになります。

その結果、慣れていることしかやりたがらなくなります。

環境の変化を嫌う理由

新しいことを覚えたくない
孤独を味わいたくない
ダメな自分を見せたくない

大きなストレスを味わいたくないから今のストレスを受け入れている

 
それでは環境の変化に対してどのような対応をすればよいのでしょうか。

環境の変化への上手な対応

✅前向きな良いことを想像するように心がける

悪いことを先に想像してしまう癖がついてしまっているのが原因です。

それならば先に良いことを、前向きなことを考えることを心掛ければよいのです。

しかし新しく始めるので何が良くて何が悪いかさえわかりません。

 

✅普段から良いことばかりを考えるようにする

いつも不安でいるとマイナスのことばかり考えてしまいます。

その中から良いイメージを作るのは難しいです。

だからいつも良いことを考えて、プラスのことを積極的に口に出すようにします。

自分で自分をノセていくようにします。

 

✅前向きな人から良い意見を聞く

愚痴を言う人とつながりを持たないことです。

普段から前向きな意見を口にする人から、実体験を聞くことが大切です。

自らの人間関係の環境も変えておけばよい方向い変わります

良いことがないと動きたくないと考えたり、

必ず良い結果になるという保証がないと動きたがりません。

しかし動くから良いことが起こるのです

動き続けると良いことがたくさん見つけられて、それが保証になります。

 

 

 

コメント