才能の伸ばし方 才能を磨き続けられる人の特徴

賢い立ち振る舞い

誰にでも何かの才能があります。

小さいころから野球をやってプロになった選手は、毎日才能を磨いてきたのです。

プロになるためにどんな時でも欠かさずに才能を磨いてきました。

このように毎日欠かさずに才能を磨くことは誰にでもできることではありません。

才能を磨き続けられる人の特徴

✅使命感を持って才能を磨く

なりたい職業があったり、やりたいことがあったら、

「プロになり人を楽しませなければいけない」

という使命感を持っていると才能を磨き続けられます。

困った人を助けるなど、世の中に必要とされているから頑張らなければならないと考えることが出来ます。

もし日本代表のサッカー選手が、小さいころからみんなだらけていたとしたら、日本のサッカーが強くなっていませんでした。

使命感を持って才能を磨いてきてくれたおかげで日本の多くの人たちを楽しませてくれているのです。

 

✅この仕事しかないという危機感を持つ

自分にはこの仕事しかないという危機感をもつと追い込まれているような状態になり、手を抜くことが出来ません。

天職だということを若いうちから感じていれば、努力も苦にならなくなります。

「自分にはこれしかない」

「この仕事に就くために生まれたんだ」

朝起きたら毎日そう考えることが大切です。

 

✅厳しい環境に身を置く

あえて厳しい環境に身を置くと、逃げ道を遮断して強く磨くことが出来ます。

厳しい環境では向上心を持ち続けないと脱落してしまいます。

周囲に強いライバルがいるともがき苦しみます。

そのライバルの存在が力を湧わかせてくれもします。

だから強制的に己を磨ける場所に身を置きましょう。 

✅成功するための設計図を作成する

将来プロになるには何が足りないか。

材料、練習、その他必要なものを集めるために自分を磨かなくてはなりません。

想像している自分の設計図を作りましょう。

あとは必要なものをそろえるために自分を磨くことに集中できます。

✅壁がさらに才能を伸ばす

困難や逆境などの大きな壁が才能を伸ばしてくれます。

もがいて苦しんでよじ登った壁の上から見た景色が才能を大きく伸ばしてくれます。

人を尊敬して、その人がどのように伸ばしてきたかを想像してください。

そして自分の中の決まり事を守るようにします。

決めた練習メニューを守るのは難しいです。

やり続けると習慣になって体が勝手に動きます。

 

そうすると気づいた頃には後戻りするのが難しいくらい成功しているはずです。

 

 

コメント