困難や逆境は乗り越えられると良い経験と言える

悩みを解決

なぞなぞやクイズはやっと答えることが出来たら、良い問題と認めることが出来ます。

簡単すぎても楽しくないし、難しすぎてもケチをつけたくなります。

同じように困難や逆境は、苦しんでようやく乗り越えられたら、

「いい経験だった」と楽しく振り返ることが出来ます。

どのように困難や逆境を乗り越えればよいか

乗り越えるまでやり続ける

いったん決めたらやり続けることが大切です。

あきらめたらすべてが無駄になってしまうと自分に言い聞かせて、

耐えながら歩き続けます。

先を見てしまうと辛くなりそうなら、目の前のことに集中してください。

今できることを全力でやり続ければいいだけです。

ゴールが見えてくると、辛い状況が名残惜しくなることもあります。

人に頼って乗り越える

自分では解決不可能と思ったら人に頼むのも手段の一つです。

頼ってもらえるとうれしく感じる人もいます。

しかしたびたびだと、困ってしまいます。

そこで人に頼る違う方法もあります。

みんなで頑張るという方法です。

ダイエットしようと自分一人で運動していると、さぼったりあきらめたりしてしまいます。

ところが大勢でレッスンしているとつらい状況も乗り越えることが出来ます。

「自分だけ取り残されるのは嫌だ」

という負けず嫌いが湧いてきます。

これはみんなのおかげで乗り越えられたと言えるものです。

乗り越えるには自分を信頼する

「今までつらいことを乗り越えてきたのだから、今回も乗り越えられるはずだ」

これは自分を強く信頼しているから思えることです。

自分を信頼しているから、自分が良いと思ったことをすることが出来ます

「これをすればいい」「この我慢をすれば何とかなる」

この繰り返しが自分を出口に導くことになります。

 

解決方法をひたすら探す

現実的な解決方法です。

今抱えている問題、直面している危機に対して、どうすれば効率よく解決できるかを何個も書いてみます。

今の状況と似ている場面が過去にあったか思い出してみます。

似ているような問題は、人もつまずきやすいので聞いてみたり解決法を探してみます。

その解決策が今の状況に適応できるかを考えます。

もしぴったり適応できなのであれば、どのように変化を加えれば当てはまるかを想像してみます。

毎日何度もずっと考えていると、ある日突然ひらめくことがあります。

自分の進化した脳が教えてくれるのです。

 

乗り越えた後を先に想像する

今が辛くて仕方がないときには、もしこの状況を乗り越えられたらどんな楽しいことが待っているかを想像してみてください。

変わった状況で自分はどんな顔をしているか、何をしているかを想像してください。

ご褒美を何にするか考えても楽しいです。

それが楽しみで今のつらさをもう少し耐えることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント