言い訳をする人の特徴 なぜ私は言い訳を言うのだろう

言い訳をする人の特徴 賢い立ち振る舞い

上手くいかなかったときに真っ先に出てしまうものの1つが「言い訳」です。

まるで口癖のようになっている人がいます。

言い訳をしても現状は変わらないのにしてしまいます。

言い訳をすると相手を余計に怒らせることにもなってしまうのにも関わらず、言い訳をしてしまいます。

なぜでしょうか。

自分が悪いと思いたくない

言い訳をする人の特徴

その大きな理由は「自分が悪いと思いたくない」というものです。

私は悪くないから、怒りの矛先を他に向けてもらうために言い訳をします。

だって自分が悪いと思いたくない

責任を負うことは辛いです。

人を背負って上手くいかなかったときに、原因をすべて自分に向けられるのはきついです。

そして見せしめのようにさせられて怒られるのは恥ずかしいです。

そうならないように、言い訳をして必死に逃げようとします。

また、自分が悪いと思うと辛くなってしまいます。

その慰めのために言い訳をします。

悪いのは私だとは思ってほしくない

自分が悪いことをしたと思われると損をした気分になります。

だから失敗したときには言い訳をします。

自分が悪くないということを証明するようなものです。

この失敗によって人から下だとは思われたくないので言い訳をしています。

言い訳をすることで下に思われている

しかし失敗の言い訳をすることで

「この人は劣っているな」「大人ではないな」

と思われています。

下だと思われないように言い訳をしたことによって、劣っていると決定づけさせているのです。

穴が開いてしまったので張りぼてを作る

言い訳は応急処置みたいなものです。

穴が開いてしまったので必死に隠しているようなものです。

しかし隠している限り治りません。

責任を認めて、受け入れないとよくなりません。

言い訳をする人は器が小さい

言い訳をする人は認められない人です。

責任を負うことのできない器の小さな人と言えます。

言い訳を繰り返していると、

明らかに自分の責任なのに本当に自分は悪くないと思うようになってしまいます。

そうすると相手にされなくなってしまいます。

そうならないように、しっかり自分の非を認めなくてはなりません。

認めることで感心してくれる人もたくさんいます。

だから勇気を出して自分の器を大きくしてみてください。

言い訳をやめると人にも寛大になれる

言い訳をする人は人のミスに敏感です。

人の間違いを必ず指摘します。

自分のことを隠すように、

人の過ちを大げさに指摘するようになります。

はたから見ていると、とても見苦しいです。

そうならないように言い訳をしてはいけません。

しっかり受け止めると、人のミスにも寛容になれます。

それで感謝されて人づきあいがスムーズになっていることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

コメント