子供に学ぶ大人の早く過ぎ去る一年間を有意義に過ごす方法

大人の一年は早く感じる 賢い立ち振る舞い

大人になると一年はあっという間に過ぎてしまいます。お正月を迎えたと思ったら、今年も残り数か月。

でも子供のころは一年が長く感じていたような気がします。

大人の一年は早く感じる

なぜ一年が子供のころと違って短く感じてしまうのか

子供は環境が大きく変わる 

子供にとっての一年間はとても重要です。新学年になり新しい先生に緊張して、新しい友達を作り安心していました。人間関係が毎年大きく変わるのも特徴です。

勉強内容や部活動、遊びの種類も大きく変わります。

子供自身も大きく変わる

毎年の身体検査があり、身長が伸びて体重も増えます。毎日勉強して、いろいろな先生と接して話を聞いているので、話し方や声までも変わることがあります。

しかし大人は一年ではあまり変わらない人がほとんどです。

暑い場所での水筒の中の水

砂漠での水筒の残り水

砂漠での水筒の残りの水のように、なくなるのが早くなると錯覚してしまうのでしょうか。

それならばそうならないように水を大切にしてじっくり味わって飲むことが必要です。

つまり一日一日を大切に味わうことです。

子供は楽しみな日のカウントダウンをしている

子供たちは家族とのお出かけの日や、友人との花火やバーベキューの日まであと何日かというカウントダウンをして楽しみを膨らませています。

 

子供が好きな年間行事から学ぶ過ごし方

お正月

子供からすればお年玉がもらえるお正月は楽しみなはずです。

お年玉以外にもおいしいおせち料理やお雑煮などの料理や、音楽などお正月独特の雰囲気を味わえます。

大人になるとお正月を迎えるときに「仕事が休みだ」

くらいしか感じない人もいます。

もう一度わくわくドキドキしながら新しい一年を迎えてみてはいかがでしょうか。

クリスマス

サンタクロースにプレゼントがもらえるかもしれないクリスマスは楽しみです。

大人になるとケーキを食べてチキンを食べてぐらいのものに感じてしまうかもしれません。

でも子供は去年は何ケーキを食べたか覚えています。楽しみにしているときっと記憶もよくなるのでしょう。

プレゼントの喜びを思い出せるうちに味わって、今度は子供や友人、家族を楽しくさせてみれば、子供たちの笑顔につられて自分も楽しくなってきます。

特別な記念日を大切にする

誕生日はもちろん結婚記念日や会社の創立記念日などたくさんある特別な日を祝ってみると充実した日が増えるのは間違いありません。

自分が記念日の発起人となってみてはどうでしょうか。

大変ですがみんながとても喜んでくれるので達成感が味わえます。

子供はまだ成長過程にいるから一日の大切さがわかる

子供は成長過程にいますが大人は成長しきってしまったという考えがあります。

その「育ちきっている」という考えが腰を重くして、一日の動きを悪くして、感動が起きる出来事に遭遇しずらくさせているとも考えられます。

「自分はやりたくないけど、あの人は苦にならない性格だから。」

といった行動しない理由ばかり考えてしまいます。

たった一日で大きく成長できる

子供は急に背が大きくなることがあります。見る景色が急激に変わるということです。

だからいつまでも新鮮に物事を感じ取ることができると考えられます。

大人は背が伸びることはほとんどありませんが、視点や切り口を変えることはいくつになってもできるので、考え方を柔軟にすることで一日の中で大きな喜びを得ることもできます。

一日の中で大きな発見がある

子供は毎日勉強しているので、今日一日に覚える新たなことが多くなります。

勉強しろと子供に言うなら、自らも勉強して説得力が増すばかりでなく、自分も成長できて新たなことを発見する機会を増やすことができます。

こうすることでも一日を大切にすることができます。

子供は夢を毎日持っているから一日が長い

なぜ夢を持つことで一日が長くなるかというと。、答えは「興味が湧いてくる」ということです。

夢へ向かって今日することが決まっていること以外に、しなくてはいけないことが出てくるので自然と一日の密度が濃くなります。

その最中にわくわくタイムが増えるので、一秒までもが大きく感じることができますわくわくする

子供はどんな夢を持っているか

夢を持っていると頭も体も動かすことができます。つまりエネルギーに変わっています。

将来有名なスポーツ選手

プロ野球選手やテニスプレイヤーになりたいと考えて野球にテニスに練習を頑張ることもできます。また海外で働きたいと考えていれば自然と外国語の勉強にも身が入ります。

体作りに栄養の知識も必要なので家庭科などの科目の勉強もしっかりすることができます。

夢を持つことが一日を濃くしています。

社長になりたい

社長になって従業員をたくさん雇ってお金持ちになりたいと思っています。

それには人間関係も必要になり、友人とのコミュニケーションが必要不可欠です。友達の困りごとや悩みを聞いてあげて一緒に考えて、自分の悩み事があったら相談して、解決できたらお互い喜んで。一日の感動が大きくなります。

お父さんお母さんに長生きしてほしい

子供はきっと思っています。

まとめ

年間行事を大切にする。
成長することをあきらめない。
夢を持ちわくわくタイムを増やし一日を濃くする。
マンネリな生活だと過去を思い出しても今とあまり変わらずにあっという間だったなということになってしまいます。
だから毎日視点を変えて柔軟な頭で何かを学び、いくつになっても夢を持つことが充実した一年間を過ごせることにつながると思います。

 

 

コメント