嫌な人は相手にしないのが一番いい

悩みを解決

嫌なことをして来たり変なことをやってくる人は必ずいます。

人の嫌がることをやって喜ぶ人はどこにでもいます。

自分の人生がうまくいかないから、おちょくってきたり八つ当たりをしているわけですが、された方はいい迷惑です。

対処法を雨と傘から学習しました。

ぜひ読んでください。

 

雨が降ったら傘をさす

天気が悪くなり雨が降って、濡れたくないときは傘をさします。

当たり前ですが大切なことです。

傘をささないと濡れて風邪をひくこともあります。

せっかくの洋服も濡れてしまって台無しです。

風邪で体調を崩すとこの後の楽しいことに参加できなくなり辛くなります。

雨を壁で防ぐ

雨が降ったら傘をさします。

頭の上に壁を作り雨を防ぎます。

昔から変わらない方法です。

おそらく雨が降ったら傘をさすのが最適な方法だから変わらないのです。

雨が降りそうなときは

雨が降りそうなときは傘を持っていきます。

万が一に備えて、朝から傘を持っていきます。

変なことを言う人には傘が必要

変なことを言ってきたり無神経なことをする人には、傘が必要になります。

防ぐために壁が必要になります。

透明な傘ではなく黒い傘のほうがいいです。

見ないで済むからです。

自分と嫌な人の間に壁を作ります。

向こうからは見えていたとしても、こちらから見えなければよいのです

傘を差さないと雨でぬれる

傘をささないと雨でぬれて風邪をひいてしまいます。

嫌な人との間に壁を作れば、気分が悪くならずに済みます。

ストレスで病気にならずにすみます。

もし何か話しかけられても受け止めなければ問題ありません

聴いているふりだけをして、心に入れることを防いでしまえばばっちりです。

もしくはその人がいいそうなことを瞬時に予想して下さい。

予想が当たったら、「この程度か」と喜んでください。

クイズにしてしまって、中身は深く受け止めなければOKです。

正解したらおいしいものでも食べればスッキリします。

 

傘をさすのが習慣になる

傘をさすことが習慣になっているように

「相手にしない」と防ぐことを習慣にしてしまいましょう。

 

 

コメント