準備するとはどういったことなのか

独自のこだわり

準備するということ

準備するとは何なのでしょうか。

失敗しないようにする

準備するとは失敗しないように練習することと言えます。

練習しないと何をしたらよいかわからなくなることがあります。

だから行動が止まることのないように手順を覚えることと言いなおせます。

間に合うようにする

準備するとは間に合うようにすることと言えます。

例えばレストランのランチタイムはお客であふれかえります。

お皿やサラダをなど前もって用意しておかないと間に合いません。

間に合わないと渋滞を起こすことになってしまいます。

数量も前の日などから推移して用意しておきます。

そうした結果スムーズに客が流れるようになります。

準備がスムーズを生んだと言えます。

人に迷惑をかけない 待たさせない

さらに準備に時間をかけると、接客の最中にかかる時間を短縮できます。

待ち時間も短くすることが出来ます。


準備するとは行き当たりばったりではないということ

準備をしっかりすることは、行き当たりばったりではないとも考えられます。

行き当たりばったりの長所は、

「時間を短くできて、他のことをできる」

「臨機応変の対応が必要になるので、状況判断力が磨かれる」と言ったものです。

しかし危険が伴います。

チャンスを逃すどころか失敗がいつもすぐそばに来てしまいます。

だから準備が必要です。
スマホで使えるオフィスの電話【モバビジ】

まとめ
準備するとはスポーツ選手の準備運動に集約されています。
全力でできるように・・・自分の価値を上げられる
けがしないように・・・自分の価値を下げないように、人に迷惑をかけないように
長持ちできるように・・・長く活躍できるように
人を満足させられるように・・・お客を喜ばす、楽しませる

準備しましょう!


コメント