イライラしたときの切り替え方

悩みを解決

上手くいかなかったり思うような結果にならないとイライラするときがあります。

現状がよくなるはずもなく、体にもよくないのになぜかイライラします。

そんな時はどうやって切り替えたらよいのでしょうか。

意識して考えることでイライラを消す

そのイライラは本当に得なのか

仕事や勉強でうまくいかないときにはイライラしやすいです。

でもそのイライラは本当に得なのか考えてください。

イライラすると問題が解決できるのかを考えてください。

人からの指示で、「ちょっとイライラしていて」

というのがあったか。

緊張して手に汗をかくことはあります。

しかしそれは、汗が滑り止めとなり、先祖が狩りをしていたころには役に立っていたはずです。

イライラしてうまくいくことはありません。

実際は問題が解決できるどころか、悪化する原因となっています。

損をするだけのものならやらない方がいいです。

「イライラが止まらない」と言ってあきらめてはいけません。

イライラしている本当の原因を探す

上手くいかなくてイライラするのは不安から来ています。

さらに突き詰めると恐怖が不安を作っています。

逃げ出したいけど逃げられないから、怒りに変わっていると考えられます。

しかしイライラしていることは、立ち往生していることと同じです。

なんの解決にもなりません。

それならば冷静に努めて、目の前の具体的な原因を探したほうがいいです。

イライラの原因は恐怖にたどり着きます。

こんなものに恐怖を感じた自分を恥じてみるとイライラは体中から消し去りたくなります。

人によってイライラさせられた

人からイライラさせられたときには誰が得をするのか考えてください。

それがもし挑発だとしたら得するのは相手です。

思うつぼではのちに気分も悪くなるので何とかしたいです。

受け入れてしまうという解決法があります。

「そうですか」

と受け入れてしまえばイライラしません。

もしすでにイラついていたとしても、受け入れてしまえば自然と姿勢がよくなって、呼吸もいつも通りになります。

イライラする暇があったら他のことを考える

イライラは必要ありません。

イライラする暇があるなら仕事や勉強のことを考えた方がいいです。

どうしても切り替えられないなら楽しかったことを思い出してください。
もしくはこの後に訪れる良いこと、楽しいことを想像してください。

時間が無駄になることは避けた方がいいです。

コメント