世の中に受け入れてもらえる条件

道徳的考え方

人は人に受け入れてもらわなければいけません。

受け入れてもらえないと孤立してしまいます。

受け入れてもらうということは評価してもらうことです。

評価してもらえないと、自分でも何が良くて何が悪いのかわからなくなってしまいます。

そうすると悪い結果になるに違いありません。

受け入れてもらえる条件とは

相手に受け入れてもらうには、相手を嫌な気分にさせないことが重要です。

人を傷つけない

返事ひとつでも傷つけてしまう

相手に話しかけられて、その返事の仕方でも傷つけてしまうことがあります。

相手の気分を悪くさせてしまいます。

また返事の仕方で相手を気持ちよくさせることもできます。

まずは簡単なところから注意してみて下さい。

表情でも相手の気分を変えてしまう

目つきが悪かったら相手を警戒させてしまいます。

生まれつきだから仕方がないと思ってしまいがちですが、治しようはあります。

相手のために笑顔でいることが大切です。

うれしくなくても悲しかったとしても笑顔でいるようにするのです。

話し方 声の出し方で相手を嫌な気分にさせてしまう

声の出し方でも相手をいい気分にさせたり嫌な気分にさせてしまうものです。

声に自信がないというなら、音楽を沢山聴いて、心地よいメロディーを体に覚えさせます。

話のテンポも相手を心地よくさせたり、息苦しくさせてしまえます。

自分の意見に自信がないと、一気に言いたいことを話してしまいます。

効いていいて息苦しくなることがあります。

一定のリズムで話したり、強弱をつけて話すと聞きやすくなります。

わがままを通すことをやめる

初めに意見を出し合うときは、わがままでいいのです。

「何食べたい?」「どこに行きたい?」

こんな時はどんどん自分の思っていることを言います。

そのあとが肝心です。

意見が割れたときは相手のことを強く考えなければいけません。

わがままを通すことを勝ち負けだとは考えてはいけません。

相手の都合を考える

身だしなみ

身だしなみを整えることは相手のためでもあります。

不潔だと一緒にいたくないと思ったり、一緒だと恥ずかしいと思ってしまいます。

自分はこのほうが落ち着くと思っても、相手の気持ちを第一に考えなくてはいけません。

 

まとめ

人を傷つけない…変異や話し方や表情にも気をつける

わがままを通すことをやめる…わがままを通すことを勝ったと思わない

相手の都合を考える…身だしなみから相手のことを考える

創業融資のフルサポが、創業を考えている方にどこよりも分かりやすく迅速にサポートさせて頂きます。

 

 

コメント