親に恩返しをすることで心も成長させてもらえる

道徳的考え方

歳をとった親の世話や介護をしたくないと考えてしまいます。

自分に得になること以外はやりたくないと考える人ならなおさらです。

しかし親の世話をすることは自分に大きな利益があります。

親の世話をすることで得られる利益とは

利益といっても財産がもらえるとか、そういったものではありません。

借りを返すという利益

当然ながら生まれてすぐは自分では何もできません。

何から何まで親にお世話をしてもらいました。

ずっとずっと、自分の時間をたくさん使ってもらいました。

貴重な時間だけでなく、金銭面もお世話になりました。

その借りを返さなくてはいけません。

借金があるとも考えられます。

借金を返すということは利益につながることになります。

負債を減らすという利益です。

 

見たことない親の笑顔をもらえる

お世話をして少しずつでも恩返ししていくと、喜んでもらえます。

育ててもらっていた時には見たことがない笑顔を見ることが出来ます。

楽しそうに思い出話もしてくれます。

そうすることで一日の大切さを理解することが出来ました。

一人では学べないことがわかる

介護施設などは一人で行くことはあまりありません。

親の世話ができるからこそ、訪れることのできる場所です。

沢山の人を見て、生きることの素晴らしさを教わることが出来ます。

一生懸命の良さ、歩けることの楽しさを学べます。

市役所での高齢者サービスの種類を知ることもできます。

これは今後の人生において自分にとっても大きなプラスです。

【サポートメモリープレミアム】

人の苦労をわかることが出来る

多くの人は自分のことでも精一杯のはずです。

人の世話となると大変です。

しかしそのことで人の苦労がわかるようになります。

人の苦労がわかると、人にやさしくできるようになります。

また、もっと自分を大切にしなければと思えます。

健康に気をつけて、できるだけ人の世話にならないようにと思えます。

倒れるわけにはいかないという責任感も持つことが出来ます。

その結果長生きが出来るようになります。

看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】

小さいころはご飯を食べさせてもらって、成長させてもらいました。

歳を重ねて、今度は親を世話させてもらうと、心も大人にしてもらえます。

結局最後まで育ててもらっているのはこちらということになります。

コメント