会社に行きたくなくても行けるようになる方法

悩みを解決

最近会社に行くのが辛くなってきて。朝起きたときに原因不明の頭痛がしてくる場合もあります。

うつ病かと思い医者に行ったがどうも違うようで、だるさを感じるようにもなった。


会社に行きたくなった

どうしたら倦怠感を感じなくなるようになるか見つめなおしてみましょう。

家計簿式書き出し方で会社に行きたくない不満を

なぜ会社に行きたくないか原因を一つ一つ具体的に書き出す

これが原因かもしれない

家計簿のように会社に行きたくない原因を一つ一つ書き出してみましょう。

例えば

【課長が気に入らない】【給料が安い】【朝早くて帰りが遅い】【仕事で感じるプレッシャー】

【疲れが取れない】【この仕事が向いていない】【目の疲れ】【肩こり】【孤独感】【やりがいを感じない】【この仕事のままでいいのか】【会社の業績が悪い】【自分より仕事ができないやつが出世している】

といった具合に書き出してみましょう。

原因が何も思い浮かばないときは

何も思い浮かばなかったらちょっとしたことでもいいので書き出してみましょう。例えば

【昼ごはんが飽きた】【職場が薄暗い】【部下の話し方が】【同僚の足のにおいがいい匂い】

原因がはっきりすれば「何となく仕事が嫌だ」というモヤモヤから解消されて気分に変化が出てきます。

次に書き出した問題点に点数をつけてみる

先ほど書き出してみた問題点に自分を悩ませる度合いで点数をつけてみましょう。

【課長が気に入らない5点】【朝早い1点】【やりがいを感じない3点】

などです。点数は大体で大丈夫です。

問題点がはっきりしたら治療に移ります。

点数が高いものから解決に努めてみてください。どうしても無理なようなら次に高い点数の解決に移ってください。

誰かに相談する

これについてどう思う?と尋ねてみてください。おそらく会社のみんなも同じ風に思っているはずです。「それならこう考えているよ。」などサッと答えを教えてくれる人がいるかもしれません。

仲間が増えると食事のときも話が盛り上がり、「やるぞ」が湧いてくるかもしれません。

また思い切って家族に相談するのも一つの手段です。

これが治らないなら辞めます

会社に提案してみましょう。言ったからには首が切られるという重圧が自分を動かしてくれるかもしれません。

自分の成長が遅れている

行きたくない原因がわかったら、その原因は自分には退治できない、つまり弱点ととも言えます。だから自分を成長しなおすつもりでそれにめがけて立ち向かってください。

簡単に倒せる敵はまったく気になりません。一つ一つ問題点をクリアしていくと、気づいたら自分が大きく成長していて、周りの体制、姿勢、見る目などすべてが変わるはずです。

周りの見る目が変わります

今週が会社に行くのが最後だと思って通勤してみる

どうも解決できないようでしたら、「今週が最後の会社での仕事だ」と思って通勤してみてください。私も実際行いました。最後だと思うと、通勤途中の景色が寂しく感じます。

今まで見えなかったものが見えてくる

今まで見えなかった壁の掲示板を見て懐かしさを感じました。この会社に入ったばかりの時は、早く「会社に溶け込まなくては」と感じていたはずです。何階に何がある、誰がいるというのを家に帰ってからも確認していたことなどを思い出せるはずです。

 

ドンキで人気のカラコンが最大65%オフ!【マーメイドコンタクト】

長年自分が座っていたイスに感謝を感じる

ずっと座っていた自分のイスに近づいてみるとすり減っていました。

「今まで支えてくれてありがとう」と思い、イスをなでたくなりました。イスが重いと言ってきたのを聞いたことがありません。

イスに感謝する

会社の同僚の仕事の様子が目に入る

今週で最後で最後だと思うと、余裕が出てきたのか、ほかの人たちの仕事の頑張っている様子が見えてます。

「みんなも好きで仕事をしているわけでないのに一生懸命だな。」

「きっと体調が悪いのに我慢して仕事をしている人もいるのだろうな。」

「そういえば、あの人、顔色が悪いな。あまり好きじゃないけど、一生懸命やってるな。」

同僚の仕事が目に入る

会社で人との会話がもう終わると思いさみしさが

周りの人に話しかけたくなります。いつも助けてくれた先輩に話しかけたら、いつものように感じよく話してくれました。今まで続けられたのはこの人のおかげだったのだと感じてきます。

また苦手だった人とも話してみたくなります。ちょっとした会話でも、お互い辛い仕事を一緒にやってきた仲間だったのだと感じます。

やめてしまうとお話ができなくなってしまうのだと思ってきます。

会社に入りたてで何もわからなかったときに色々教えてもらったという感謝の気持ちも湧いてきます。

今までおっくうだった仕事をきっちりできる

よく毎日こんな仕事をやってきたなという考えと、この仕事のおかげでご飯を食べることができたのいう感謝を込めて、つい最近までやりたくなかった動作でも味わってすることができます。

今まで早く仕事の終わる時間にならないかと、そんなことばかり考えていたのに、終わるのが寂しくなってきたりします。

 

残り一週間だと思ってもう一度仕事に行ってみてください。何か変わります。

まとめ

・行きたくない問題点を一つ一つ書き出してみる
・問題点に点数をつける
・点数の高いものから解決に図る

 

仕事に行くのがあと一週間だという催眠術を自分にかける
 
実際私がやってみて効果があったので、以上のことをぜひ試してみてください。
 

 

コメント