つらいこと貯金 「研くと光る」は金属だけの特徴ではない

ファンタジー

誰にでもつらいことはたくさんあります。

理不尽なことや「どうして自分だけこんなことになるのか」

という思いを多くの人が体験します。

しかしそれらは、後でいいこととなって返ってきます。

遅くなるかもしれませんが必ず返ってきます。

つらいことの大きさと理不尽さに比例する

言いがかりをつけられたら

ル・ソイル スパークル ホワイトニングミストローション

自分は全く身に覚えのない、言いがかりをつけられることがあります。

そんな時でもうまく対応しなくてはいけません。

悪くなくても謝ることも必要です。

今後が悪くならないようにと、かわすことを身に着けるためです。

例えば、全く悪くはないのに雷は落ちることがあります。

そんな時はかわさなくてはいけません。

「僕は悪くないから」

と言って道を譲るのを嫌がって雷に打たれたら損をしてしまいます。

今後の人生や家族のためにかわさなくてはいけません。

しかも凌ぐと良いことになって返ってきます。

不思議ですが返ってきます。

何度もすればするほど返ってくるまでの時間が短くなります。

さらに理不尽さが大きければ多きいほど、辛ければつらいほど、より大きないいことが訪れます

悪いことが重なるのは

嫌なことがあると、次にすぐ嫌なことがあるものです。

でもつらいことの貯金をしていると思ってください。

つらいことがあると、うまくしのげば良いことになって戻ってきます。

だから大きな良いことが来るものだと感じていれば我慢できます。

 嫌なことが重なるのは、1つ目の嫌なことで自分をブレさせてしまうとスキが出来きたり心の乱れによって、次絵の対応が遅れてしまいます。

それが失敗する原因となるのです。

これを悪いことが続くと思って、お祓いなどに行ってしまうのです。

誰かのために耐えていると考えれば楽になる

なぜ自分だけ嫌なことが起きるのだろう

辛くて仕方がないときは、

「誰かのために耐えている」

と考えてください。

好きな人のためだったり、家族のためならやる気も出てきます。

それに未来の自分のためならば、もっとやる気が湧いてきます。

そのうち嫌と思わなくなる

嫌なことの対応を覚えてくると、嫌だと思わなくなってきます。

仕事のように感じてきます。

それはのちに報酬となって返って来るからです。

つらいことを人のせいにするのは報酬を人のものだとすることです。

自分で受け止めればもらえます。

なによりも、自分を大きく鍛え上げることが出来ます。

それがまた経験となって、次はもっと軽やかに対応できます。

成長を楽しむ余裕も生まれます。

 

 

 

 

コメント