怠け癖を治す魔法のかけかた

賢い立ち振る舞い

プレッシャーを与えて緊張感を与える

試験や試合ではプレッシャーがかからないようにするのがうまくいくコツです。

しかし試合などでは手を抜いたり怠けないのは当たり前なのでそう考えます。

怠けてしまう人にはプレッシャーが足りないのです。

自分のおしりの叩き方を考えてみました。

今日が締め切りだと考えると怠け癖がなくなる

今日が締め切りでなくても、

「今日中に仕上げないと大変なことになる」

と言い聞かせてください。

どこからか力が湧いてきます。

勉強なら明日テストと言い聞かせれば、集中力を上げることが出来ます。

小学生の頃の夏休みの最終日のように宿題がはかどります。

また、勉強なら問題を解くときには「試験本番だ」

と言うつもりで解いてみてください。

時間を計って臨めば、集中力が上がるのはもちろん、試験本番の練習にもなります。

プレッシャーにも強くなる練習が出来るので、経験値が2倍稼げます。

 

仕事で怠け癖が抜けないときには

仕事で手を抜いてしまう方は、

「今日がここで仕事をする最後の日なんだ」

と自分に言い聞かせてください。

そうすると時間が惜しくなります。

実際、目の前のことは一つ一つのことが最後かもしれません。

 

部活で手を抜いてしまうときには

練習に身が入らないときにはどうしたらよいのでしょうか。

サッカーの練習なら、

「これを決めたら全国大会で優勝だ」

といい、一つ一つの動きの重さを自分に言いきかせてください。

そのシーンを想像させて、プレッシャーを感じながら練習すれば、本番にも強くなります。

野球なら、ピンチのシーンを想像して練習します。

そうすると逆境に強い選手になれます。

 【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

怠けは踏み外しの第1歩

人生を踏み外すのは簡単です。

しかし元の位置に戻ることは難しいです。

だから踏み外しそうな1歩目は必ず阻止しなければなりません。

怠けそうになったら踏み外しの一歩目だと考える

踏み外して転げ落ちているときに後悔して、

「あの1歩がなかったら」

と考えても遅いです。

しかし怠けそうになったら、

「これはとても危険な1歩」

と認識しておけば、避けることが出来ます。

しなくてはいけないものがあったら、
「これをしないと人生が終わる」

ぐらいの強い催眠をかけてください。

それを繰り返しておくと未来の予測が出来るようになり、怠け癖が怖くなくなります。

 仲手川財布店【お財布専用ふとん】

 

 

コメント