浪費癖を治す方法と直す方法

賢い立ち振る舞い

そこそこの収入があるのに一向にお金がたまらない。

お金がたまらないどころか足りなくなることもあります。

これは浪費癖を原因です。

今回は「なぜ浪費癖がついてしまうのか」

ということと、「どのように浪費癖を治すか」

そして「どうやって浪費癖を直すか」

について考えていきたいと思います。

なぜ浪費癖をついてしまうのか

なぜ浪費癖がついてしまうのかを細かく具体的に考えることが治すことにつながります。
気前が良いことを人間として大きい思っている
気前の良い人が人間として大きいと思っていませんか。
もしかしたら周囲にケチな人がいて、その人のことを嫌っているので
「ケチは嫌われる」
と考えていしまい、金遣いの荒いのが好まれると勘違いをしているのかもしれません。

ケチが悪い人だという考えを見直す

ケチなことが悪いと考えていませんか。

節約しているのは事情があったり、物を大切にするようにと教わってきたのかもしれません。

それに節約することは物のありがたみを強く感じることが出来ます。

金をばらまくこと=良い人
ケチ=悪い人

この考えを改めましょう。

お金を遣ってストレス解消をしようとする

悪いことではないと思いますが、ストレス解消を「お金を遣うこと」だけに依存してしまうのはいけないと思います。

お金を遣わないことでストレスがたまってしまいます。

他のことでストレスを解消できるようにはけ口を分散しましょう。

毎日のお洋服などの買い物を、我慢して月に一度だけの買い物にしたらその日が今まで以上に楽しくなります。

「買い物の日」が来るまでカタログや、内容をインターネットで調べたりすることも楽しいです。

選んで吟味する事でストレスを解消できます。

浪費癖の直し方

心の治し方と行動によって浪費癖を直す方法があります。

簿記を習得することです。

 将来、経理職に就くために簿記3・2級の合格を目指すなら【Accountant’s library】

家計簿を本格的につけたり、確定申告をして年間の出費を計算してみてください。

10年分の金額を出すとその大きさに驚きます。

無駄な出費が多い人は本当に必要なものを手に入れていない場合があります。

毎日使う健康布団や飲み水、野菜などです。

一番大切なのが体ということに早目に気づけば浪費癖がなくなります。

極上の寝心地。13層やすらぎマットレス

 【お財布専用ふとん】

ケチが悪いことだという考えを改める
気前がいいと大きい人間だとは思わない
ストレスを解消する手段をお金を遣うことだけに依存しない
簿記の資格を習得する
身体の大切さに気付く

将来、経理職に就くために簿記3・2級の合格を目指すなら【Accountant’s library】

 

コメント