友達がいない人の具体的な解決法 社交的でない以外の理由

悩みを解決

友達が少ないと感じて、理由を探すと、

「自分は社交的でない」

「人付き合いが苦手だから」という理由でかたずけてしまっていませんか。

今回は友達が少ない本当の理由について書いてみました。

いつまでも昔のことにクヨクヨすることが友人が少ない理由

友人が少ない理由は恵まれていないとか、社交的でないということではないかもしれません。

昔のことにクヨクヨしていることが原因かもしれません。

もし今自分のことを嫌っているなら、その理由は何ですか。

「嫌いなところがいくつもあるから」という理由は危険です。

生理的に合わないから嫌いになるのは

それは他の人と接していて、

自分と似ている嫌いな個所を見つけてしまうと、その人を嫌いになってしまうからです。

よく「生理的に合わない」と言って別れるのは自分と似た嫌いな部分を共有しているからです。

他の人を見たときに、自分と同じ嫌いな部分があると真っ先にその所に目が行くようになってしまいます。

それが会うたびに嫌いになってしまう理由です。

似ているなら本来は仲良くなれるはず

人と共感できたなら仲良くなれるはずです。

似ている人同士は友人になりやすいはずです。

それなのに仲良くできないというのはさみしいです。

ちょっとした考えを変えるだけで大親友になれるかもしれません。

 

どうすれば友人を増やすことが出来るか

積極的に声をかけるとか、人脈を増やすとかでなく、友人を増やす方法はあります。

自分を好きになると人間関係がよくなる

自分を好きになると、不思議と人間関係がよくなります。

それは何事も練習するとうまくいくからです。

自分を好きになるというのは、人間を好きになる練習になるからです。

自分のいいところを探してみる

もう一度自分のいいところを探してみてはいかがでしょうか。

大人になって良いところが増えているはずです。

もしくは、忘れてしまっている自分の長所を見つめなおすことが出来ます。

見つけたら、素直に恥ずかしがらずに、それを認めて声に出してほめてください

どんな効果があるか

良いところを見つけることは練習でもあります。

それが出来るようになると、今度は人の良いところも見つけられるようになります

人の良いところを見つけて、認めて、声に出してほめることが出来ます。

言われた方は嬉しいです。

うれしさが伝わるとこちらも嬉しく感じます。

うれしさが引力となって引きあいます。

人間関係がよくなります。

自分のした行為を許してあげると人間関係がよくなる

過去に失敗したことでいつまでも心を痛めていてもいいことはありません。

落ち込んでいると他の人ともうまくいかなくなります。

もう十分に心を痛めたのだから、罪は償ったとみなしてください。

自分を許してあげると人にも寛大になることができます

そうすることで、人間関係にひびが入るようなことでもうまく乗り切ることが出来ます。

&

友人を増やしていくなら、早く自分の心の傷を癒してください。

効果のあるお薬はアクセサリーやコンサートに行くことや旅行に行くなどの塗り薬。

甘いものやおいしいお寿司などの飲み薬が有効です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント