効率よく仕事を行って仕事をこなしながらストレス解消

悩みを解決

人生の三分の一は寝ています。

起きている時間の半分は仕事をしています。

だから仕事と仲良くしなくてはなりません。

仕事を嫌いになると辛い人生になります。

もし速くかたずけられたら息抜きが出来ると考えたことがあると思います。

今回は早く終わらせる方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

ご自身に合った解決法が見つかることをながっています。

仕事を早く終わらせるコツは見たらすぐやる

最初の解決法は特に怠け癖のある人に効果的です。

シンプルなものです。

「仕事を見たらすぐやる」

この当たり前のようなことがコツです。

後回しにしない

見たらすぐやるというのは、後回しにしないということです。

後回しにすると、仕事の存在感が大きくなってしまうからです。

後回しにするということはしたくないからです。

しかし心のどこかで気にはなっています。

「嫌なのが残っているな」

後回しにすればするほど何度も考えて、頭の中でとても大きな存在になってしまいます。

実際に解決を先延ばしにしていると問題が大きくなってしまうこともあります。

やりたくないものほどすぐかたずける

怠け癖のある人は、仕事を見たらすぐやる。

特にやりたくないものはすぐかたずける。

これがコツです。

 

次は一生懸命やっているが仕事がたまりやすいという方に有効です。

速く終わりそうなものからかたずける

運動する前には準備運動が必要です。

仕事でも、大きいものをこなす前に、準備運動のようなものがあると効率よく動けるようになります。

速く終わらせそうな仕事からこなすのが良い方法です。

これには、判断する能力が必要です。

「このくらいなら、このぐらいの時間で終わる」

それが出来るようになれば効率が上がります。

仕事に取り掛かり、終わらせるというリズムをつかんだら大きいもの、時間のかかるものに取り掛かります。

 

次は人手を使って仕事を受ける場合です。

仕事を人に任せる

自分ですべてをこなすとなると仕事量には限りがあります。

リーダーや経営者となると人に仕事を振り分けないといけません。

洞察力を使って仕事を振り分ける

「この人にはこのくらいの仕事」

人の能力を把握して、仕事を振り分けます。

やってのけるギリギリの量まで任せられれば全体の効率が上がります。

何人なら何時間でかたずくか見える

頭の中で高速で想像します。

グループに仕事を振り分けて、その中のリーダーが支持をするからこのくらいの時間がかかる。

そこまで想像して仕事を任せます。

時間は経験と、自分ならこのくらいの時間でできるという予測で決定できます。

仕事の途中経過から判断する

どのくらい進んでいるのか見たり聞いたりして、後何時間かかるか推理します。

送れているようなら修正をするための指示をします。

自分の手を貸すことは、今後のためによくないので避けた方がいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント