上手くいかなかった時の上手くいく身かわしの術

心のファッション

頑張ったのに結果が出なかったり、気づいたら窮地に追い込まれてしまっていることがあります。

上手くいかない時というのは考え方を変えると追い風に変えることが出来ます。

どのように考えればいいのかを書いてみました。

上手くいかない向かい風を追い風に変える方法

お金がない

お金がないと落ち込んでしまいます。

もう駄目だと考えてしまうときもあります。

しかしこのままではいけないと思い、一生懸命に働かなければという考えになります。

必死に仕事をすることで、その仕事を通じて己を磨くことが出来ます。

お金に余裕があったときには感じられなかったことが味わえます。

もしお金が余っているような生活だとしたら、磨くことが出来なかったので、お金がない状況に感謝することが出来ます。

【無料】年収500万以上の会社員に贈るマネーセミナー

生まれつき体が弱い

小さいころから体が弱いと他の人に比べて大きなハンデとなってしまいます。

しかし、小さいころから、若いうちから健康の大切さを知ることが出来ると考えられます。

普通の人は40歳ころから健康の大切さを意識してきますが、それより40年も前から知っているのです。

だから早めに健康の対策をとることが出来るのです。

体力づくりを一生懸命して丈夫にすることが出来ます。

食事に気を付けて身体を元気にすることもできます。

酒やたばこや、健康に害のあるものを省いて生活を送ることに意識することが出来ます。

大きくなった時には、健康だった人よりも丈夫な体を完成させることもできます。

不健康だから幸せな人生を送れるということもあります。

自社養蜂場で作られた品質の高いはちみつを提供!【神戸養蜂場】

志望校に落ちてしまった

高校入試で一生懸命に勉強してきたのに、うまくいかずに受験に失敗することもあります。

公立高校に行きたかったが私立に行くことになります。

それによって高校では1年生のうちから一生懸命に勉強をすると決めました。

部活を頑張ると決めました。

それによって将来の健康を手に入れることが出来ます。

勉強を頑張ったので、国立大学に合格できました。

高校入試に失敗したので費用の面でも負担の少ない国立に行くことが出来ました。

志望校に行けなかったから得をしたと見ることが出来ます。

 

まとめ

1.お金がなかったからこそ仕事を頑張れて、仕事を通じて自分を成長させることが出来る

2.生まれつき体が弱かったからこそ健康の大切さを若いうちから知ることが出来て、身体を大切にして丈夫にすることが出来た。

3.高校受験で志望校に合格できなかったからこそ、国立大学に合格出来て、なりたい職業に就くことが出来た。費用の面でも大きく得が出来た。

 

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

 

コメント