後手後手に回ってしまう人の先手の打ち方

独自のこだわり

先手と後手とは

先手を打つとは

先手を打つとは先に動くことです。

問題が起きるかもしれないと予測して、解決に必要なものをあらかじめ用意しておくことです。

後手後手になるとは

後手とは何か起きてから対策をとることです。

問題が起きてから解決策を考えるので、傷口が広くなり問題が大きくなってしまうこともあります。

解決に必要なものが見つからなったり、代わりになるものを一生懸命探して手が足りなくなり失敗に繋がります。

後手に回る人とは

後手に回ってしまう人はなぜそのようにしてしまうのでしょうか。

人の様子を見てから動く

先に動くと責任を負わされそうになったり、自信がないので、まずは人の様子をうかがうことをします。

前の人の真似をしたい

どうしたらよいか思いつかないので前の人の真似をしようとして行動を遅くしてしまいます。

それを評価するような世の中ではありません。

考えがまとまってから動く

考え中だから動けないときもあります。

動くのを遅くすれば前の人を参考にもできると考えてしまいます。

ですがすぐに次の人も真似をするので、真似の真似のように映ってしまいます。

仕方ないから動く

動かなければいけない状況になってから動く人もいます。

つまり強制されないと行動できないということです。

嫌々してもうまくいきません。

 

動きたくないから悩んだふりをしていませんか。

先手を打つためには

最初に動いただけでもアピールとなります。

勇気と行動力を評価されます。

電波を張っておく

むやみに動いても失敗するだけです。

早く動けばいいというものではありません。

情報をいつも仕入れて、それについて自分の考えを加えることをいつもしておけば、ここというときに動くことが出来ます。

効率の良い打ち合わせをしておく

行き当たりばったりの早動きでは失敗します。

いくつものパターンを想定して動ける自分のタイミングを覚えておけば動くことが出来ます。

また、打ち合わせは効率よく行わなければいけません。

だらだらしていると時間の無駄になり好機を逃すことになります。

フットワークを軽くしておく

動くタイミングを逃さないようにフットワークを軽くしておく必要があります。

いつでも動けるように使える資金を確保しておく必要があります。

 

 

 

コメント