人にやさしく自分にやさしく

賢い立ち振る舞い

自分に優しい人は人にも優しくしています。

疲れがたまっていたり、気が病んでいるときは自分に優しくすることから始めましょう。

 

自分に優しくしてみたら

自分に優しくすると言っても、甘やかすということではありません。

寝たいだけ寝て食べたいだけ食べて遊ぶというのは厳しい未来が来てしまいます。

どういったことが自分に優しくするということなのでしょうか。

ノートにメモをして丁寧に教える

例えば勉強で先生が黒板に書いたことをノートに写すときに、今は理解していても来週には忘れてしまっているかもしれません。

その忘れている自分にていねいに教えるようにノートにメモを書き込みます。

ここまで書けば自分でも理解できるはずという度合いがわかるはずです。

来週の自分を困らせないように、教えてあげるように書くことがやさしいと言えます。

 

掃除をして空気をきれいにしてあげる

ほこりのたまった部屋にいると空気が汚れます。

人間は呼吸をしているので汚れた空気を吸ってしまいます。

身体に悪影響を及ぼしてしまうのでこまめな掃除は必要です。

毎日掃除をしてきれいに、窓を開けて喚起をよくすることが自分に優しくしていると言えます。

 

遅刻しないように朝は早起きを

朝に遅く起きると、遅刻しないようにとバタバタしてしまいます。

落ち着かない支度を終えて、通勤通学を急いでしていると、事故にあう確率が高くなってしまいます。

事故でけがをしたら、大変です。

だから朝は早く起きることが自分にやさしくしていることになります。

 

寝不足にならないように早く寝る

寝不足だと風邪をひきやすくなります。

寝不足は祖ごとや勉強を辛いものにしてしまいます。

つらいことを長時間こなすのは拷問に近いです。

だらか早く寝ることが自分に優しいと言えます。

 

よく噛んで食べる

あまりかまないで飲み込むとおなかによくありません。

栄養も吸収しずらくなってしまい成長や回復によくありません。

また、具合が悪くなってからおかゆを食べることがありますが、具合が良くてもおかゆを食べるのもいいです。

内臓を労わってあげることが出来ます。

自分のすべてに優しくして下さい。

 

自分が傷つかないように人にやさしく

人にやさしくするとお礼に優しくしてもらえます。

それを受け取りまたやさしく接してあげるとまたもらえます。

この繰り返しが辛い生活を回避して楽しむことにつながります。

 

 

 

コメント