子供のテストの点が悪いときに怒ってはいけないのは

勉強

学校のテストが返ってきて点数が悪いと怒る

子供の学校のテストが返ってきて、点数が悪いとつい怒ってしまいます。

怒っても点数が上がるわけでもないのに怒ってしまいます。

子供は怒られるのが嫌だからテストを隠すこともあります。

緊張でテストどころか勉強も嫌いになることも。

つまり怒ることで学力を下げていることにもなります。

怒られるのが嫌だから嫌々勉強する

子供は怒られるのが嫌だから仕方なく勉強机に向かいます。

普段は勉強などしないので、怒った効果で少しは効果があるようにも見えます。

何もしないよりは学力がついているようです。

夜に子供が勉強机に向かっているときに、大人はそれを見て満足して酒でも飲んでいるのでしょうか。

嫌々なので勉強が嫌いになる

しかし嫌々机に向かっても集中していません。

やっているふりの研究をしている子供もいます。

辛い時間を過ごしていると勉強そのものが嫌いになって、学校でも集中しないようになってしまいます。

勉強量の少なさは高校になってから効いてきてしまいます。

 

なぜ親は悪い点で怒ってしまうのか

ではなぜ親は子供の点数が悪いと怒ってしまうのでしょうか。

楽だから怒る

怒ると子供が勉強すると思っているから怒ります。

簡単に子供を机に向かわすことが出来るから怒るのです。

しかし集中できていないので無意味です。

ではどうすれば怒らずに勉強をするようになるか

親が勉強をして教える

親が自分で勉強をして教えればいいのです。

小学生や中学生なら教える親もいます。

なぜ高校生の勉強をしないのでしょうか。

それは時間を理由にしているからです。

さらに子供より劣っているという姿を見せたくないからです。

プライドが隠すことを優先させています。

最低でも教科書に目を通す

教えるまでに至らなくても最低でも学校の教科書に目を通してください。

そして子供が勉強したくなるように自分なりの動機づけをしてください。

それは「なぜ勉強が必要なのか」といったようなものです。

考える力がつく
まとめる能力がつく
想像力を育てることが出来る
語学力を身に着ける
コミュニケーション能力をつけることが出来る

このようなことを自分の仕事の経験から、自分なりの勉強が必要だという動機づけを行ってください。

それ自体が子供に勉強を教えることになります。

命令するだけが指導ではありません。

隣から親身に接することが子供のためになります。

 

 

コメント