上達のコツはすぐやること

悩みを解決

上達のコツは「まずはやってみること」です。

するかどうか悩んでも時間だけが経ってしまって、ついには何もしないということもあります。

成功するためには次のことが大切です。

1・やる気のあるうちにやってみる。

2・どこがいけないのか考察する

3・どうすればよいか工夫する

4・もう一度やってみる

なぜ上達するのに「やってみること」が大切なのか

 

やってみると人のすごさがわかる

普段何気なく見ているものでも、自分が経験したことのあるものは、難しさがよくわかります。

だから誰かが簡単にしていることでも、その人の高度なテクニックを感じることが出来ます。

「どれほど難しいことをしているか、自分にはできるのか。」

成功している人のすごさを理解できるようになれば、

「ここまでしないと成功できない」

という基準を知ることが出来ます。

つまり目標を設定できるようになるのです。

これはあぐらをかいていたら、理解できないことです。

上達するために、まずはやってみて、人のすごさを肌で感じることです。

 

微妙な違いを見分けることが出来る

何かを始めるにも自分の色があれば続けられそうです。

その色の作り方は初めはよくわかりません。

何年も修行を重ねて身についていくものです。

 

考えて工夫してもう一度やってみて、そして人のを見て学ぶ。

ということを繰り返すと、人の色を目に焼き付けられるようになります。

そして微妙な色の違いも見分けられるようになってきます。

そうすれば「自分ならこうしてみよう」と色を出せるようになります。

 

これらはすべて、やってみたから理解できたことです。

経験値は必ず上がる

行動する限り経験値は必ず上がります。

その経験は何かの役に立ちます。

役に立たないこともあるという人は応用が利かないだけです。

掃除するということでさえ役に立つ経験になります。

 

コメント