歳を取れば大人といえるのか?大人と子供の違い

大人と呼べる人 賢い立ち振る舞い

歳をとると大人だと思って「大人は大変だ」「子供は楽でいいな」

などと口にしているだらしない人がいます。

しかし本当にその人は大人と言えるのでしょうか。

またどんな人を大人と呼べるのでしょうか。

子供と違って大人と呼べるのはこんな人

大人と呼べる人

みんなが納得できる対応が取れる

自分の用だけ済めばいいと考えたり、人を無視して自分勝手な行動をする人は大人だと言えません。

その場にいるみんなが納得できる対応を取れる人が大人と呼べます。

まず頭の中で考える

そうできるようにするには、頭の中でいったん考えてから行動する必要があります。

「そのように動いて良いものか。」「こうすることによって誰か傷つかないか。」

人を悩ますなら、自分が悩んだ方がいいと思っています。

思い付きで話さない

大人は軽々しく発言をしません。

考えてから口にします。

「言葉遣いはこれでいいか」「この場にふさわしいか」

言ってもいいのか悪いのかを考えてから話し始めます。

 

すぐに怒らない

大人は軽々しく感情をむき出しにしません。

怒ってしまうと取り返しがつかなく場合があると知っているからです。

そのことは人生経験から学んできたり、本で読んだり、人から聞いたりして覚えています。

また、人前で大声で笑ったり、感情むき出しで怒ったりする人は大人と呼べません。

善悪の区別が出来る

何が良くて、どういったことが悪いのかを知っているのが大人です。

わからなかったら誰かに相談したり、自分で調べて考えてから行動に移すことが出来ます。

善悪の区別がある程度身についていると、周囲の人に迷惑をかけないで生活できます。

どんな人が大人と呼べないのか

自分勝手で周囲の人に迷惑をかける人は子供です。

すぐに怒る人

怖いから怒っているというのがほとんどです。

怒ることで自分を守ったり、相手に話をさせないようにするために怒ります。

わがままを通すために怒ってごまかしているとも言えます。

 

なぜ大人になれなかったのか

わがままを通す人が大人でないと言えます。

なぜそうなってしまったのでしょうか。

親に何でもしてもらってきたことが原因の一つです。

泣けば済むと思っていたり、叱られて育ってこなかったのも原因です。

 

しかし経験不足ということもあるので、これから大人になるためには、みんなのことを考えることです。

みんなを優先して行動することが、早く大人になれる方法です。

そうすると、「自分は子供だったな」

と感じることが出来ます。

そう思ったら大人になりつつある証拠です。

時間をかけて考え続ければきっと立派な大人になれます。

そうすると、今度は子供をしつけることが出来るようになります。

 

 

 

コメント