人のために仕事をすると偽りなく自分のためになる

独自のこだわり

できることなら人のために行動したいと思っているはずです。

しかしどんなことをしたら良いのかわかりません。

人のために働くというのはどんなことがあるのか

たくさん稼いでお金を使うことも人のためになる

お金を使うことは人のためになります。

物を買うと、お金の循環がよくなりみんなに回ってきます。

また稼ぐこともみんなのためになります。

稼げば稼ぐほど税金を支払うことになるので、それがお年寄りや子供のためになっていきます。

それでさらに使うと、消費税も納めることになるのでとても貢献していることになります。

 

みんなに礼儀正しくすることも人のためになる

人に会って礼儀正しくあいさつすることは人のためになります。

気持ちよいあいさつをされると、その日一日いい気分になることもあります。

そのまま勉強や仕事がはかどります。

身だしなみもきちんとしていると、いい雰囲気を作り出して清潔感にあふれて気持ちよく仕事や勉強ができるというものです。

  

反対にあいさつがなかったり、返ってこなかったり、身だしなみもだらしがないと、嫌な気分になります。

それが仕事や勉強に影響を及ぼすこともあります。

基本的ですがしっかりあいさつをすることは、あいさつのうれしさと大切さを確かめて、人に教えることにもなります。

掃除することが人のためになる

きれいに整理整頓しておくと気持ちがいいです。

いい風が吹いてきて気持ちよく行動が出来ます。

仕事や勉強がはかどります。

 

掃除しておかないと、どんよりして匂いも感じます。

探し物も見つけずらくなり、無駄な行動が増えてしまいます。

時間もゴミの中に埋もれて無駄にしてしまいます。

 

まとめ

直接感謝されることが人のためになる行動ではありません。

ボランティアのように直接人助けをすることが人のためというわけではありません。

当たり前のことを一生懸命することが1番、人のためになるかもしれません。

コメント