時間を敵に回して焦りを感じるか、味方にしてゆとりを感じるか

賢い立ち振る舞い

サッカーのようなスポーツでは時間が大きく左右する

勝ち負けでの時間に対する印象

サッカーの言う名スポーツで勝っていると時間がゆっくり流れると感じるので残り時間をゆっくり使えます。

負けていると時間が速く流れているかのように思えてしまい、時間を敵のように思ってしまいます。

つまり勝っていると時間はゆっくり流れるのです

 

ゆとりがあると時間を味方にできる

ということは心にゆとりを持つことが出来ると時間を味方にできるのです。

たとえ忙しくとも、心を落ち着けて平常心を保つことで、

「次に何をしようか、これは明日にやってこちらをかたずけようか。」

のように時間を上手に使うことが出来ます。

焦るほど時間を敵にしてしまう

そんなに忙しくなくても、焦ってしまうと、慌てて解決するのに手間がかかってしまいます。

どうもゆとりを持つことが出来ないときには、あえて時間を敵に回して自分を高めるという手段も取れます。

しかしこれは失敗しやすいですし、計画性を持てなくて、行き当たりばったりになってしまいます。

忙しいときこそ ゆとりをもつ

忙しいときこそゆとりを持って動いてください。

まず何をするべきか、動きながら次に何をやったら効率がいいか。

身を軽くしておいた方が速く移動ができるなど、自分の動きを推理してみてください。

紙に書くのと頭で思い浮かべる計画性は異なる

一日のスケジュールはメールや紙に書いて計画することが出来ます。

計画通りにいかなくても、

その都度その都度臨機応変に対応すると、さらに効率よく行動できます。

早く仕事が片付けられるとゆとりが持てて、考えもまとまります。

焦ると考えられなくなるので無駄な動きが増えてしまいます。

だからコーヒーブレイクを取って考えることも効率よく仕事をするための手段と呼べます。

計画して時間を味方にするとゆとりのある人生が送れます。

ゆとりある人生だと味方も増えてきます。

まとめ

時間は勝っていると味方をする
時間は焦るほど敵に感じてしまう
忙しいときこそゆとりをもって時間を味方にする
計画を立ててもうまくいかないことはよくある
臨機応変に対応できるように頭でどう動くか思い浮かべてから行動に移す

 

 

 

コメント