目に入るものすべて面白いという癖をつけるとプラスの効果がいくつも働く

心のファッション

口癖が面白いというのが面白い

毎日の生活でいろいろな人に会いますし、たくさんのものを目にします。

そのたびに、たとえそうでなくても「面白い」

と口を動かしてみてください。

いいところがない人は面白い

人は誰でもいいところがたくさんあります。

しかしどうも見つからない人がいます。

それはとても珍しいことです。

だから面白いと考えられます。

いいところを見つけてやろうと必死になります。

 

面白い人は面白い

いつも人を笑かしてくれる人がいます。

とてもありがたいことです。

そんな人は面白いです。

何度あっても面白いです。

わかっていますが面白いと伝えたくなります。

言われた方は悪い気はしないはずなので、もっと面白いことをやってくれます。

面白いというともっと面白くなります。

 

手を叩いて面白いことを強調する

楽しいと笑います。

手を叩いて笑うときもあります。

強調して体中の細胞に合図をしています。

「面白いから楽しんで」と合図しています。

そうすることで心から楽しむことが出来ます。

いつも面白いを口にすると現れる効果

いつも楽しくなる

面白いというと顔が緩みます。

笑顔を作ることが出来ます。

その結果、

身体から良いホルモンが出るそうです。

長生きしたり病気になりにくくなったりと医科学的にも良い効果があるそうです。

機嫌が悪いときがなくなる

楽しんでいる時間が増えるということは、機嫌の悪いときが減ることになります。

できたら全く機嫌が悪い時をなくしたいくらいです。

機嫌を悪くしていると、周囲の人も気分が悪くなります。

周りにみんなには楽しくしてほしいので、自分も機嫌をよくしておかなければいけません。

 

 

つらいことに直面しても退治できる

いつも面白いと言っていると、良いところを見つけるのがうまくなります。

だからたとえ嫌なことがあっても、自分のためにつながるという考えに切り替えることが出来ます。

なんでも自分にとってのプラスになると変換できるようになります。

つられて周りの人も楽しくなる

いつも喜んでいると周りの人も気になって喜びます。

周りの人が楽しいと自分はもっと嬉しくなる。

その結果人間関係の良好状態が続きます。

自分を頼もしく感じる

つらいことを消化できるようになれて、周りの人を楽しくできるようになると自分を頼もしく感じることが出来ます。

その結果、

自身が出てきていつも前向きになることが出来ます。

 

 

 

コメント