怖くて決断ができないとき

賢い立ち振る舞い

 

 

だいたい決断てなんなんだ

レストランでメニューを見て食べたいものを決めないと料理が運ばれてきません。卒業後にどうするか決めておかないと迷子になることがあります。

決断とは先に進むために、どれにするか選ぶことです。

なぜ今決めないといけないの

別にすぐに決める必要はありませんが、今すぐ決めないといけない状況になってしまっているのは、だいぶ前から決めることを何かの理由でためらっていて、決める期日がすぐそこに迫ってしまっているからです。

ではなぜ自分で決めることがそんなに難しく感じてしまうのでしょうか。

決断できない理由

自分で責任を負いたくない

人の後をついていったり、決断を人にゆだねると問題などが生じたときに人のせいにできてしまいます。責任を負わずにすんでいた今までは気が楽だったので、大人になり自分で生活しなくてはいけない状況になってしまって今苦しんでいるのです。

自分で責任を負いたくない

後で後悔したくないから先送りに

学校や仕事先など今決めてしまったら、もう変えることができないと思ってしまっている人ほど決断が遅れてしまいます。

「一度決めたらもうそうしないと」という素直な考えが決定を遅らせているとも考えられます。

今より良くなるとは限らないから

転職しようと迷っているとき、今の仕事がつっらくて待遇も悪く人間関係もあまりよくない。しかし今より良くなるという保証がないと考えてしまう。

決断すると何か良いことがあるのか

覚悟が決められる

決断すると自分を追い込むことができます。追い込まれると覚悟が決められます。そうすると行動できるようになるばかりでなく、一つ一つ真剣な、心からの行動をするようになります。

気が散ってどこに行こうかとあちこちに分身していたような自分が一か所に集まってきて、本来の力強さを感じられるようになります。

覚悟が決められる

自分の良さが見つけられやすくなる

追い詰められた状況では、辛いことが頻繁に起きやすく、自分自身の本性が出やすくなります。いい面が出れば、

「自分はこんなことが得意だったのか。」「こんな長所があったのか。」と新たな発見をすることができます。

また悪いところも出る場合もありますが、人生で自分の短所を早めに知っておくことは、これから長い道を通るうえで失敗を減らすためにプラス方向に働きます。

決断できない人は決断することを大きく考えすぎている

一回決めたらこれで終わりではない

こうすると決めたことでも、別にまた変えてもいいのです。考えを変えることは柔軟な頭をしているととらえてください。

優柔不断は必ずしも短所ではありません。相手が即決を求めるときや、自分の頭に血が上っているときは決定を先送りしたほうがいい結果になることが多いです。

考え直す

まとめ

自分で決めることを避けたり、人に合わせる人生も悪くはありませんが、もしそれに疲れてしまったらそろそろ自分で決めるようにしたほうがいいです。

力を抜く

自分の進む方向を補正するために決断するのではなく、決断したことに自分の歩みをちょっとずつ合わせていくぐらいの気持ちでいいのです。
すぐに良い結果が出なくても、後悔するという決断はしないことです。

 

 

 

コメント