もっと大切にして価値のある人生にしてみませんか

大切な人生 道徳的考え方

頑張って築き上げるともっと大切にしたくなる

大切な人生

頑張ってきたから大切にしたくなる

頑張ることを継続すると、やめるのがもったいなくなります。

たくさん努力していると、せっかくここまで来たからと壊すことに躊躇します。

一見ゆっくりコツコツ進んでいるように見えても、辛いことをたくさん味わっているのです。

ゆっくり進むと辛いことを長い時間味わうことになりますが、乗り越えるだけでなく次へとつながる答えを見つけられます。

つらいことを走り抜ける人は、うまくかわしたと考えていると思いますが、逃げているだけです。

壊して振り出しにする傾向のある人は

たいして努力をしていないからどうでもいいやと考えてしまうのです。

長く大切にしてきていないからめちゃくちゃに壊したくなるのです。

他の人が頑張っている時に遊んでいると大切なことに気づかずに子供のままになっています。

そんな人は周りに八つ当たりをしてしまいます。

「なんで自分だけこうなんだ」

と被害者意識を強く持ちます。

原因が自分にあると、周りの人は気づいていますが関わりたくないので答えを教えてもらえません。

唯一教えてくれた人にも、


「そんなことない。ひどいでたらめを言うな」

と当たってしまい孤立します。

やさしく素直にしてきたから大切にしてもらえる

大切にしてもらえる人というのはやさしい人です。

周りが手放したくないから大切にしてもらえます。

やさしくしてもらえたからやさしさを、お返しします。

周りの人に大切にしてもらうと、自分でも壊すわけにはいかなくなります。

人が大切にしているものを壊すのは誰でも気が引けます。

だからアクシデントや辛いことがあっても冷静に慎重に対応できるのです。

自分のためだけでなく、

周りの人を心配させないためにも、自分の人生を大切にしなければいけません。

危険な人や危ないことから自分を保存しなければいけません。

つらいことがあっても壊されないように力を出してふんばらなくてはなりません。

そうしてきたから、

辛そうな人がいたら手助けしてあげたくなります。

そうやってみんなで価値のある人生を作っていくと、みんなにも引っ張ってもらえて、

もっと楽しくなります。

人生は一人一人違いますが、団体競技だったのかと気が付きます

 

コメント