そのことをじっくり考えるとありがたさがよくわかる

水の状態変化 趣味

蛇口を大きくひねって出しっぱなしでも水の有難さがわかるとき

水の状態変化

 水の有難さがよくわかるときはどんな時でしょうか。

水が不足したとき

水不足などで使える水に制限が来たり、全く水がなくなったときには水の有難さが身をもって知ることが出来ます。

いなくなって初めてわかる大切さです。

運動や登山でのどが渇いたとき

のどが渇いたときに飲む水は何よりおいしいです。

ハングリーさが貴重さを

増大してくれます。

いつもより大きく吸収してくれそうです。

その時に飲む水は、いろいろ想像させてくれます。

「枯れそうな草花も、久々に水を得たらこんな気持ちになるのかな」

「水の通り道が飲みながらわかる」

有難さと楽しさも味わえます。

 

水について詳しく知ったとき

今までは有難さに気が付かなかったのに、詳しく知るとそれに気づく場合が多くあります。

「水があるから生きている」

「水が栄養を運んでくれているし、水自体も栄養を含んでいる」

水についての知識が余計ありがたくさせてくれます。

 

だから家族を大切に

いなくなってから有難さがわかったのでは遅いと感じてしまいます。

一緒に過ごしているときから、元気でいるときから有難さがわかることが一番です。

ちょっとしたあいさつから有難さを感じる

朝起きて一番最初にあいさつをするのは家族です。

気持ちよくあいさつの行き来が出来れば気持ちいいです。

たった一言でちょっとした変化も感じ取れます。

体調なども気にかけることが出来て、もっと長生きできるようになります。

一緒にいることの幸せさを知っていれば、それを子供や友人にも伝えて幸せが広がります。

 

記念日を大切に

記念日をたくさん設けることで外に食事を行く機会を増やすことが出来ます。

おしゃれに着替えて楽しく食事をしたら、また家族の有難さを感じることが出来ます。

そうすることで記念日までの楽しみが出来ます。

待っている間もワクワクしてきます。

1年の中に多くの幸せが見られます。

 

年間行事を大切に

子供の日や敬老の日など家族で出かけると楽しさが膨らみます。

仕事や勉強の疲れをとることもできて、頭もリフレッシュできます。

さらに家族のつながりをもっと強くして有難さを味わうことが出来ます。

祝日が近づくにつれて、行きたいところを提案しあって楽しいときを過ごせます。

家族みんなでお正月を迎えられるのもとてもありがたいものです。

 

まとめ

水の有難さはなくなったにきがつく
そのことをよく知るとありがたさがわかる
家族の有難さはなくなってからでは遅い
家族のことをもっとよく知る
そのために年間行事は大切

家族水いらずにも水は必要です。

 

 

 

 

コメント