成功の軌道にのせるには楽しい栄養補給をして正しくエネルギーを使う

独自のこだわり

車はガソリンを飲んだら走ります。

人間は栄養を補給したら動きます。

本を読んだり運動したりお出かけして遊んだり。

足りないものを補給する食事の時間は楽しいです。

これでもっと生きられるとわかるから楽しくなります。

そこで得られたエネルギーを遊びに使えばまた楽しいです。

このように「取り入れ」と「使う」の循環が毎日の生活を豊かにしています。

ソニーネットワークコミュニケーションズMANOMA

勉強をして知識と考え方を取り入れる

勉強をして知識と考え方を取り入れる

学生の勉強はまず知識を頭に入れます。

そしてそれを応用できるように考え方を覚えて練習します。

頭の中に入れるので「頭の食事」と言えます。

しかしほとんどの人は楽しく感じていません。

本物の食事と異なるところです。

ですが一部の人は楽しく勉強をしています。

それは役立て方を知っているからです。

少なくとも今までに「勉強の役立て方」を味わっています

その記憶が勉強の楽しさを教えてくれています。

勉強試験 勉強試験の繰り返し

学生は勉強の後に試験が待っています。

これがあるから勉強をしっかりします。

もし試験がないとすると、勉強しない人が増えてしまいます。

それに、勉強が役に立つと教えるために、すぐ試験をします。

試験の結果がよかったら、勉強を楽しく感じることが出来ます。

頭に取り入れられた「知識」と「考え方」は世の中をもっとよくするためのエネルギーになっていきます。

世の中に役立つようにエネルギーを使う

食事をして遊びや運動をしないとエネルギーがたまってしまいます。

満タンの状態でまた食事を取り入れるとエネルギーが増えすぎてしまいます。

内臓のストレスになり病気になって今います。

勉強もそうです。

勉強したら使ってください。

世の中のために、困っている人のために使ってください。

勉強エネルギーの使い方

使い方はいろいろあります。

人に教えるという使い方もあります。

苦手な人に教えてできるようにすることで、エネルギーを使えます。

世の中にできる人を増やすことで貢献できます。

人のために直接行動するという使い方もあります。

料理や作業、医療や介護など勉強したことを役立てます。

勉強で取り入れた知識を会話に使うことが出来ます。

それを楽しく使うことで笑わせたり感心させたりと、世の中に楽しさを増やして貢献できます。

 

人が喜ぶ姿を見ると楽しくなります。

楽しいから勉強に加速がついて、勉強も楽しくなります。

そして社会に貢献して・・・

この考え方で、勉強を楽しいと感じてくれる人が一人でも増えてくれればうれしいです。

マーケティング経験を活かした転職なら「マーケター特化型転職エージェントへ」

 

 

 

コメント