個性と共感が一人一人をもっと貴重なものにしてくれる

個性の出し方 心のファッション

人から暗いとか個性がないとか言われると自分楽しくしていたのによくわからなくなってしまいます。

個性の出し方はあるのでしょうか。

個性の出し方は

個性の出し方

何をしても個性は出る

存在する限り何をしても個性は出ます。

話の仕方や聞き方にも表れます。

ゆっくり話すのが個性になった、静かに話すのも人によっては心地よく感じられます。

話を聞くのも、うなずきや相づちを繰り返すのも個性だし、一通り聞いてから的確に答えるのも個性と呼べます。

個性は誰にでもあります。

個性がないのでなく、相手が見つけられなかっただけです

個性とはどういったものか

そういえば個性とは何でしょうか。

例えば雪が降ってあたりが真っ白になったとします。

頑張ってそこを歩くと足あとがつきます

それが個性です。

だから何をしても個性は出ます。

どの道を歩いても個性は感じられます。

足跡が個性

 

マーケティング経験を活かした転職なら「マーケター特化型転職エージェントへ」

個性を強くするには

学校の勉強ではいろいろな科目があります。

その科目の中から興味が湧いて楽しさやを見つけられたらそれが個性です。

朝起きて何を最初にするのかも個性ですし、花の色や大きさ香りも個性と呼ぶことが出来ます。

個性が強いとはどういったものなのでしょうか。

 

雪が降った後に自分が一度通った場所は、足あとがついているので歩きやすいです。

何度もそこを通っていると固まってきます。

自分が作った自分の道になりました。

それを個性が強くなったと呼びます。

共感するとはどういったことか

共感するとは

雪が降った後に歩いて道が出来ました。

その道を別の誰かが歩いたら、

通りやすい。ありがとう。

と言ってくれました。

これが共感です。

共感が増えるとやりがいも生まれる

共感すると不思議とお互いが、いい気持になることが出来ます。

せっかく作った道を自分だけ使ったのではもったいないと思っていたところに、

喜んでそこを使ってくれたら、こちらも嬉しいです。

さらに共感してくれる人が増えると、やりがいも出てきます

 

一人一人の存在が貴重なのは

今まで体験していない他の人の個性を感じることは、楽しい刺激です。

だから一人一人の存在が貴重であると言えます。

また共感してくれる人がいないと寂しく感じるときもあります。

これも一人の存在の大きさを表すものです。

たった一人でも共感してくれると寂しくありません。

人のことをわかってあげることは人を救うことにもなります

 

コメント