動けないときに必要なものは困難などの強制力

未分類

以前から洗濯機を買おうとしていましたが決断できませんでした。

ところがある日洗濯機が壊れたら、簡単に買うことが出来ました。

困難なことがあると簡単に行動できたのです。

人間は強制力があると行動できる

見張りの存在が人間を動かす

仕事や勉強も見張りがいないとさぼってしまいがちです。

見張りが仕事をはかどらせています。

つまり強制力が動かしています。

期日が決められていると行動が速くなる

締め切りが決められていると、さぼりずらくなります。

さぼると後が辛くなるのがわかっているので動きます。

つまり締め切りが動かしてくれているのです。

人間は楽なところを探してから辛いところを意識している

電車に乗ったら、まず座るところを探します。

席が空いてなかったら、少しでも楽のできそうな場所を確保します。

絶対行きたくないところを意識して探します。

なかったら最終手段として、仕方なく我慢します。

このように人間はまず楽をすることから入ります。

その次に辛いところを意識します。

さぼり癖があるのはそのせいだと考えます。

強制力がないと動けないのはさみしいです。

困難がないと動かないのはよくありません。

それではどうしたらよいのでしょうか。

強制的にチェックする機会を設ける

企業の決算のように定期的にチェックする機会を設けることをおすすめします。

一か月前より体が引き締まっているかチェックする

人間はたくさん食べてしまいます。

甘いものを食べて横になってしまいます。

それを繰り返すと体型に変化が出てきて、病気になることもあります。

それを防ぐために毎月チェックする機会を設けます。

それで前の月より結果がよくなかったら、運動や食事に規制をかけます。

自分でできないならスポーツジムなどに通ってください。

昨日より進歩しているかチェックする

寝る前に簡単にできることがあります。

昨日より頭がよくなっているかチェックすることです。

今日一日何か考えられたか。

新しく覚えたことはあるか思い出してみます。

もしなかったら読書をして、つけを払います。

 

コミュニケーションがしっかりとれたか

一週間の中でコミュニケーションをしっかりとれたか日曜にチェックします。

家族や友人、職場の人などとそっかり疎通が出来たか考えてみます。

もしうまくいっていなかったら、連絡してみたり、ご飯を一緒に食べてみたりします。

人間は楽をすることから入ってしまいます。

強制的に行動させるのはつらいので、

定期的にチェックする習慣をつけることをおすすめします。

そうすることで健康や人間関係に気を付けることが出来て、

人生を豊かにすることにつながります。

コメント