問題解決しなくても先に進める考えは円周率が教えてくれている

円周率が問題解決法を教えてくれる 賢い立ち振る舞い

嫌なことがあるとスッキリしたくなります。

解決しないでモヤモヤしていると気分がよくありません。

どのように対応すれば先に進むことが出来るのでしょうか。

円周率が教えてくれる解決法

円周率が問題解決法を教えてくれる

π = 3.141592653589793…

3.14でおなじみの円周率

小学校で円周率は3.14と習いました。

実際はその先も続いています。

永久に続いています。

30兆桁以上あるそうです。

スッキリ解決しないと進めないというのは

何か問題が発生したときに、解決してもらってスッキリしないと先に進みたくないというのは、子供がデパートで

「あれ買って」

と言って買ってもらえないときに、地べたに座り込んで

「買って買って」

と駄々をこねているのと同じです。

小さいときにそうしてしまっているので大人になっても繰り返しています。

円周率が定まらなと先に進みたくない

円周率がいくつなのかはっきり定めてもらわないと先の勉強したくないと言ってしまうと、人間すべての学習が止まります。

「3.14そんなものなんだ」と、とりあえず受け入れることが大切です。

そしてそのまま進むことが上手な勉強法です。

(細かく言うと、円周率というのは比のことです。テレビの横と縦の比率が16:9というのがあるように、比のことです。直径と円周の比率が1:3.14というものです。)

「円周率は3.14」

とりあえずそのくらいがちょうどいいです。

詳しく知ってしまうともう見たくありません。

解決していなくても先に進むことが解決法

解決していなくてもとりあえず進んでしまうのもいいことです。

視点が変わり、後ろから見てみたら簡単に解決できたなんてこともよくあります。

いつまでも正面からぶつかっても、できないものはできません。

時間が問題を溶かして解決してくれることもあります。

すぐに答えを求めるのは相手のことを考えていない証拠です。

自分を受け入れてもらうには、相手のことを考えなくてはいけません。

好きだといった返事をすぐ催促する

例えば好きだと言って返事をすぐに聞こうとするのは相手のためによくありません。

追い込んでしまうこともあります。

冷静にならないと答えが出ないという場合もあります。

一か月待った答えは3.14のホワイトデーに、きっと教えてもらえます。

 

 

 

 

 

コメント