まっすぐ生きることが人生の本当の目的

まっすぐ生きることが人生の本当の生きる意味 独自のこだわり

まっすぐ生きることが人生の本当の生きる意味

まっすぐ生きるとはどういうことか

世の中にはいろいろな人がいて、たくさんの性格があります。

中でもずる賢く生きると対称なのは、まっすぐ生きるということだと思います。

「まっすぐ生きる」とはどういった生き方なのでしょうか。

それはきっと心から行動するということだと思います。

他にはどんなことが考えられるのでしょうか。

うそをつかない

隠したりごまかしたり、うそをついてしまうことがあります。

その場の自分を守るためであったり、苦しい思いをしたくないという考えからうそをついてしまいます。

しかし一度うそをつくと、次にそれに合わせて動かなければならなくなります。

次にまた合わせていって、ついには自分の生きたい方向と反対方向に進んでいることもあります。

ついたうそに話を合わせていくと、本当の自分でなくなってしまいます。

いろんな人にうそをついていると、話を合わせた自分に気づいて、どれが本当の自分なのかもわからなくなることがあります。

ついには自分を信用できなくなってしまいます。

 

自分で決めたことは守る

ダイエットなど決めたことはなかなか続けるのが難しいです。

決めたことを守れないのは行動を妨げるものがあるからです。

「つらいことから逃れるため」「周りからの誘惑」

などを優先してしまうものです。

そういった横道にそれないで、いったん決めたことは成し遂げるまでやるというのがまっすぐな生き方だと言えます。

 

ずるいことをしないで正しいと思うことをする

これをすると自分に儲けが出たり、得をすることがわかっていると、ついついずるいことをしてしまいます。

「少しくらいいいか」

といってやってしまうと、次々に手を染めてしまいます。

その延長に人をだますという入り口があります。

詐欺師の方もこんなことはしたくないと思うときがあっても、自分を押し殺して犯罪行為をしているはずです。

本当の自分でない人生を歩んでいるのでやりがいのない人生です。

損するとわかっていても正しいことをするのが人間です。

まっすぐ生きることのつらさ

まっすぐなつらさ

何かと損をする

目先にとらわれないで正しいと思うことをするので、遠回りになってしまうときもあります。

ですが後悔しないで信じて進めば結果として目標への最短距離になっているはずです。

結果が出るのが遅くなることがある

まっすぐな性格は悪く言うと要領が悪いとも言えます。

損するとわかっていても一生懸命にやってしまいます。

それで時間がかかってしまいます。

しかしその中で成功するための何かを見つけることもできます。

宝はそこにあることが多いです。

それがまっすぐな人は運をつかみやすいといわれる理由かもしれません。

 

まっすぐ生きることでどういった効果があるか

 

後悔しない

目先の利益に吸い寄せられて、本来の自分の行動と違う行いをしてしまうと、後々後悔します。

「なんであんなことをやってしまったんだ。」

人生と比べるととても小さなもののために、大きなものを失うこともあります。

正直にまっすぐ生きることで後悔という辛い思いをしなくて済みます。

人の信用を得られる

まっすぐ進むので、人に行動を読まれてしまいますが、そのことが周りに安心感を与えます。

信用している人に成功してほしいと考えるので、守ってくれることが多いです。

その結果衝突やもめごとが少なく、しっかりと堂々とした生活を送ることが出来ます。

うそをついて逃げ惑う生活をしていると、後悔の連続です。

自分はうそつきだと自覚しているので自分を信用できません。

他人も信用できなくなります。

人から信用されない落ち着かない、そわそわした毎日を送ることになります。

目標を見失わない

自分も見失ってしまうことがあります。

目標がいつも前に見えているので一生懸命に毎日を生きられて、充実した生活を送ることが出来ます。

まとめ

まっすぐ生きるとは心から行動すること
ずるいことをしないで正しいと思うことをする
うそをつかない
自分で決めたことを守る

 

どんな効果があるか

後悔しない
人に行動を読まれてしまいますが、そのことが周りに安心感を与える
信用してもらえる
目標を見失わないので充実した人生になる

 

充実感と達成感と周りからの信頼も得られる人生は素晴らしいですよね。

 

コメント