弱い人間の行動の診断結果と 強い人の傾向

弱い人間の行動 賢い立ち振る舞い

弱い人間と強い人間の違いとは何でしょうか。

強い人間とは?弱い人間とは?

まとめてみました。

弱い人間の行動の診断結果

弱い人間の行動

「弱い人間」と聞くとどんな人を思い浮かべますか?

子供、女の人、けがなどで体の不自由な人。

これらの方は強い人たちです。

子供は無邪気で怖いもの知らずです。

女の人はご存じの通り強いです。

不自由な人は毎日の戦いで心が強いです。

もし心を映像化できるのなら、鋼のようにきれいに鍛え抜かれています。

では弱い人とはどんな人なのでしょうか。

自分より下だと思う人には強気になる

弱い人間の会社での行動

会社の上司にはペコペコしたり、ゴマをすったりしているのに、新人さんや部下には威張ったり意地悪したりする人がいます。

そういう人は弱い人間と診断できます。

なぜそのような行動をしてしまうかというと、弱いからです。

弱いと自分で自覚しているから、強そうにします。

勝てそうな相手を一生懸命探して偉そうにします。

反撃してこなさそうな相手を探して威張ります。

そんな人を見たら、その人の行動が示すことは、「私は弱いです。」ということです。

お年寄りや年下への行動

電車でお年寄りを見かけたら、普通の人は席のことを考えます。

弱い人は態度を大きくしてきます。

そうすることで周りを威嚇しています。

動物が吠えているのと同じ行動をしています。

お年寄りや年下を見たら怖い顔を作ります。

車の初心者マークやシルバーマークを見かけたら、あおってきます。

運転中でも優越感を味わおうとしてきます。

弱いので普段できないことを車の力を借りてやろうとします。

事故を起こす確率を上げていることに気づかないで危険な行動をします。

相手にしないのが一番です。

酒の力を借りようとする

弱い人は普段言えないことが多いです。

だから何かの力を借りようとします。

酒の力を使います。

間違った行動をしても、酒のせいにします。

中には酒と車の力を借りて大事故を起こす人がいます。

これは周りに八つ当たりをしているのと同じです。

 

人の弱みを見て安心する

弱い人は人の成功は喜びません。

人が成功すると優位に立たれたと考えます。

自分の弱さが目立ってしまうと感じます。

弱い人は、ミスや間違い、失敗など人の弱みを見て安心します。

さらに落ち込んでいる人につけ込んできます。

強い人はアドバイスや手助けなど人に与えようとするのに対して、

弱い人は人が困っているところに来て、何かを得ようとしてきます。

自分を信じていない

弱い人は他人を信用していません。

それは自分を信じていないからです。

ここというときに逃げてきているので、そんな自分を信用できないのです。

自分でさえ信用できないので他人を信用できるはずはありません。

弱い人は自分を隠す

自分を強く見せたいので人を攻撃してきます。

さらに弱い人は自分を隠します。

弱くて臆病だと自覚しているので隠れます。

隠れて攻撃している人がもっとも弱い人と言えます。

強い人の行動の診断結果

どんな人が強い人と言えるのでしょうか。

強い人はどのような行動をするのでしょうか。

強い人は生命力がある

強い人は生き残る力があります。

生き残って周りの人を支えなければなりません。

だから余計な争いを避けることを考えます。

ムキにならずに、戦わないという選択肢を選ぶことが出来ます。

小さいことにこだわらずに人に譲ることが出来ます。

強い人は痛みに強い

強い人は人の心がわかります。

何度も心を痛めているからこそ、人のつらさがわかるのです。

人をかばうことも責任を負うこともできます。

強い人は自分を信じられる

強い人は途中でやめないし逃げないので成し遂げてしまいます。

だから辛くてやめたくなっても自分を信じることが出来ます。

自分を信じると人も信じることもできるようになります。

自分なんかにできたのだから、他の人ができないわけないと思い人を信じます。

 

 

 

まとめ

弱い人は、他人のミスや失敗など人の弱みを見ると安心する
強い人はアドバイスや手助けなど人に与えようとする
弱い人は人が困っているところに来て何かを得ようとする
強い人は自分を信じて他人をもっと信じる
弱い人は自分を信じないで他人も信じることが出来ない
隠れて攻撃している人がもっとも弱い人と言えます。
強い人は自分の弱みを見せて人の弱みをかばおうとします。
 

 

コメント