挫折やくやしさをいただいたら何を選択するのか

挫折 賢い立ち振る舞い

どんな挫折や悔しさがあるのか

挫折

スポーツ選手で思った結果が出なかった

部活やプロのスポーツ選手はある目標を立ててそれに向かい何度も練習して努力してきたと思います。

体をたくさん使うのでけがや一瞬のミスで思うような結果が出ない人のほうが多いです。

勝つ人よりも敗れていく人たちのほうが多いので、体と心の痛みをわかってもらえずに、周りからもいろいろ言われて悩んでしまいやすい分野だと思います。悔しさ

受験の失敗

行きたい高校や大学に向かって勉強しても、方法や試験本番での何かのミスによって、うまくいかない場合もあります。

自分ではだれにも負けないくらい勉強したのに、合格できないとなると、いったいどうしたらよいのかわからなくなってしまいます。

若いうちに訪れるので最初の挫折となってしまう場合が多いです。

 

仕事で達成できなかった課題

仕事のノルマや、やらなくてはいけないことが終わらなかったときに、自分の限界を感じてしまい挫折することがあります。

「他の人はできているのに」と他人と自分を比べて悩んでしまっているのです。

重すぎて責任を負いきれなかった

チームをまとめてある目標を達成するのに自分の時間や睡眠時間を削ってまでも仕事に打ち込んできました。
それでも時には目標に届かなかったり、良い結果が出ないこともあります。
責任感が強い人ほど自分のせいだと背負ってしまって悩み落ち込んでしまっているのだと思います。

 

挫折したらどうするべきか

挫折とは今の自分を受け入れてもらえなかったときに感じることです。

落ち込んでしまって悩むだけなら、何も考えないで休養をしていた方がリフレッシュできて、またやる気が出てくるはずです。

せっかく悩んでしまったのなら答えを出せば次に進むことができます。

そのまま努力し続ける

人や記録に受け入れてもらえないというのは、今現在の自分に足りないものがあるからです。

説明の仕方がいけなくて受け入れられなかった

会社のプレゼンや、営業のノルマの達成が出来なかったのは、説明に何か問題があるからです。

100回以上かかって受け入れられたというのは、質より量というわけでなく、100回の説明をしているうちに話す技術が上がったから受け入れられたのです。

全く同じ説明なら録音を聞いてもらえば済むはずです。

どこがいけないか、どうしてダメかを考えながら、時には人に聞きながら進めると、成功までの時間が短くなります。受け入れられる

 

変化する

悩みすぎて精神を痛めてしまうようなら、自分が変わることをしないで環境を変えてしまうのも一つの手段です。

スポーツなら思い切って種目を変えてしまうという手もあります。

仕事なら転職を考えることも悪くないと思います。

逃げている感じがして嫌だという場合は、現状を受け入れて自分のどこがいけないかを考えなければいけません。

見つからないときは信頼できる人にはっきりと言ってもらう覚悟をしなければなりません。

 

挫折して悔しさを受け入れるとどう変わるのか

心の強さを鍛錬できる

一度受けた衝撃から立ち直れたら、次に同じ衝撃をうけても受け流すことが出来るようになっています。

心が鍛えられたからです。

そして次の目標に挑戦して、また壁に当たり悔しさを味わうと、もっと鍛えられることが出来ます。

 

適応能力を鍛えられる

 

リーダーとしてチームを引っ張っていくときに、必ず出る問題を事前に知っておくことが出来ます。

運動でも苦しいときに出てしまう自分の癖を知っておけばミスを防ぐこともできます。

 

 

対応する力を得ることが出来る

失敗やうまくいかなかったことを経験して、解決策を見つけることができると、それに似たようなことも処理できるようになります。

「こう来たらこう切り返す」

これをいくつも知っておけばミスや失敗につながる大事なことも、うまく対応することが出来るようになります。

 

まとめ

悩んで挫折してしまったら

いったん忘れてリフレッシュに専念する
我慢してそのまま練習し続ける。どこがいけないか、人に聞きながら進めると成功までの時間が短くなる。
受け入れて自分を変えてもう一度挑む
受け入れると心を鍛えられる
適応能力が上がり対応できるようになる
まずは自分の体が一番大切だと思うので、限界を感じたら勇気を出して休むということをおすすめします。
休んでいる間にいつの間にか解決策を見出しているということもあります。
 

 

 

 

 

 

 

コメント