道徳的考え方

充実した人生かどうかは1日のうちに真剣な時間がどれだけあるか

みんなで生きるためにはルールが必要です。 人間でいるのにも基本的なルールがあります。 「人に迷惑をかけない」ということです。 これは交通ルールにも通じます
独自のこだわり

準備するとはどういったことなのか

全力でできるように・・・自分の価値を上げられる けがしないように・・・自分の価値を下げないように、人に迷惑をかけないように 長持ちできるように・・・長く活躍できるように
悩みを解決

イライラしたときの切り替え方

イライラは必要ありません。 イライラする暇があるなら仕事や勉強のことを考えた方がいいです。 どうしても切り替えられないなら楽しかったことを思い出してください。 もしくはこの後に訪れる良いこと、楽しいことを想像してください。 時間が無駄になることは避けた方がいいです。
道徳的考え方

人を中傷する人の危険性

まずは人を上にあげることから始めてみてください。 人を上にあげるとは、心から応援することです。 それなら誰にでもできるはずです。 応援した人の成功する姿を見て、やり方を覚えて今度は自分が実践してみてください。 今までと違って楽しいです
賢い立ち振る舞い

関心を持ってほしい結果 自分を傷つけてしまっている

他の人は悪気はないのに 「どうせ私なんか」 周りの人は全く意識していないのに 「私だけいつも損をする」 と考えてしまう人がいます。 周りの人に責められたというわけでなく、勝手に傷ついてしまっているのです。 この原因は「もっと関心を持ってほしい」ということが考えられます
道徳的考え方

世の中に受け入れてもらえる条件

人は人に受け入れてもらわなければいけません。 受け入れてもらえないと孤立してしまいます。 受け入れてもらうということは評価してもらうことです。 評価してもらえないと、自分でも何が良くて何が悪いのかわからなくなってしまいます。 そうすると悪い結果になるに違いありません
道徳的考え方

親に恩返しをすることで心も成長させてもらえる

小さいころはご飯を食べさせてもらって、成長させてもらいました。 歳を重ねて、今度は親を世話させてもらうと、心も大人にしてもらえます。 結局最後まで育ててもらっているのはこちらということになります。
賢い立ち振る舞い

失敗を繰り返す人と次は成功できる人

何度やってもうまくいかない人がいます。 反対に一度の失敗で何かをつかんで次は成功できる人もいます。 この違いはいったいどこから生じるのでしょうか
道徳的考え方

人を利用して生きる人は育っていないことに気づく

人を利用しないと何もできないので、人を利用しています。 しかも、自分のためでなく利用してあげると、その人のためになると考えています。 自転車の補助輪をいつまでも外さないと、ずっと一人で乗れないままです
心のファッション

人から受けた恩恵を忘れたがるのはOKでない

人にしてあげたことはいつまでも覚えているのに、人から受けたご恩は忘れたがります。 しかし人から受けたご恩を忘れてしまうことは自分にとってもよくありません。 感謝をしなくなってしまうからです。 感謝をしないと自分の実力でこなしたと勘違いしてしまいます。 そうすると自分の実力は上がりません。 いつまでたっても進歩しません